韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国防空識別圏:米日と中国の戦闘機が同時に出撃か!

中国防空識別圏:米日と中国の戦闘機が同時に出撃か!

2013-11-30-k026.jpg

米国や日本の偵察機など10機以上、中国が宣布した防空識別圏で飛行
中国「中国も主力戦闘機を緊急発進」と発表
日本メディアは中国のスクランブルを否定


中国が一方的に宣布した防空識別圏をめぐり、米国、日本と中国との対立が表面化している。

中国の新華社通信は中国空軍の申進科報道官の説明を引用し「29日午前、米国と日本が中国の防空識別圏に戦闘機など10機以上の航空機を飛行させたが、中国はこれに対してスホーイ30や殲11など戦闘機を緊急発進させた」と報じた。中国の防空識別圏を認めない米国・日本と、これに対抗する中国との対立がまさに本格化し始めたわけだ。米日と中国の間で何らかの衝突が発生することへの懸念の声も高まっている。

スポンサードリンク
申報道官によると、この日午前、米国のP3C哨戒機や日本のE767早期警戒管制機など10機以上の航空機が問題の防空識別圏に入った。申報道官は「中国軍は28日から戦闘機や早期警戒機により防空識別圏への『日常的偵察飛行』を開始した」「中国軍は(29日)外国航空機による防空識別圏への侵入過程を全て監視しているため、(米日の航空機の飛行は)直ちに識別した」などと説明した。中国は米日の航空機を識別したと説明したが、追加の措置は取らなかった。

中国は戦闘機や空警2000早期警戒機などにより、防空識別圏を定期的に偵察している。これは米国や日本などが事前の通報なしに戦闘機を飛ばし、中国の防空識別圏を「有名無実化」しようとすることへの対抗措置と解釈できる。しかし時事通信やテレビ朝日など日本メディアはこの日、日本政府の発表として「中国軍戦闘機のスクランブルは確認されなかった。(中国側による)特異な動きはなかった」と報じた。

欧州連合(EU)首脳らは28日(現地時間)、EUと旧ソ連諸国との関係強化を協議する「東方パートナーシップ首脳会合」で「中国による防空識別圏設定は地域の緊張を高める」として懸念を表明した。防空識別圏問題をきっかけに東アジアで武力衝突のリスクが高まっている状況について、世界が懸念を示し始めたというわけだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/30/2013113000571.html


関連記事

[ 2013年11月30日 18:56 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp