韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国防空識別圏:米中、前例なき武力アピール!

中国防空識別圏:米中、前例なき武力アピール!

2013-10-21-ca.jpg

東シナ海・南シナ海に兵力集結…軍事的緊張高まる
「空母には空母、戦闘機には戦闘機」


中国の防空識別圏設定で北東アジアの安保状況が激震する中、同圏内の海上・上空には米国・中国・日本の軍事力が集結しており、軍事的緊張が高まっている。米日による「防空識別圏無能力化」への試みと、中国による「既成事実化」への試みがぶつかり合えば、「物理的な衝突」に飛び火する可能性がこれまで以上に膨らむものとみられる。

29日には米日が中国の防空識別圏に哨戒機・偵察機・早期警戒機・戦闘機など10機を一挙に進入させたのに対し、中国が「スホーイ30(Su30)」や「殲11(J11)」といった主力戦闘機を緊急発進させたのは、こうした「最悪のシナリオ」が杞憂(きゆう)でないことを示している。双方が物理的衝突を意図していなくても、同域内に軍事力が異例の集結をすることで対峙(たいじ)し、偶発的に衝突が起こる可能性は否定できない。中国国営の環球時報は29日「この20年間で同圏内にこれほど多くの軍事力が集結したのは初めてだ。3カ国の空母級艦船が監視し合ったり、軍事力をアピールしたりすれば、狭い海峡で衝突する可能性がある」と報じた。

スポンサードリンク
■米中日の軍事力がこれほど集結するのは異例

米国と日本は、中国に対し「防空識別圏設定を撤回せよ」と要求しているが、中国がこれに応じる可能性はゼロに近い。このため米日は同日、B52戦略爆撃機をはじめP3哨戒機、 EP3偵察機、 E767早期警戒機、F15戦闘機などを相次いで同圏内に送り込み、中国の防空識別圏を認めないという「無視戦略」を展開している。

中国はB52が圏内に進入した当初は予想とは異なり静かに対応していたが、自国内で批判を受けたためか同日はすぐにSu30やJ11といった中国空軍の主力戦闘機で対抗した。「今後は米日が防空識別圏に入るのを放っておかない」という警告だ。こうした双方の試みが繰り返されれば、物理的な衝突が現実になる可能性は高まる。

海上でも状況は同じだ。現在、東シナ海や南シナ海の近くには空母や準空母級艦艇4隻が集結して武力アピールを行っている。米空母「ジョージ・ワシントン」は沖縄近海で日本の自衛隊との共同演習をしており、米空母「ニミッツ」はフィリピン近くの南シナ海にいる。排水量1万8000トンという日本の準空母級護衛艦「いせ」もフィリピンに到着した。中国の空母「遼寧」は28日、台湾海峡を通過して南シナ海に入り、訓練を開始した。

「遼寧」が台湾海峡を通過する際、米日は上空や水面下から共同で船団を追跡、けん制していたことが分かった。沖縄の嘉手納米軍基地から発進したP3C哨戒機・RC135偵察機・空母「ワシントン」のFA18戦闘機などが「遼寧」の航路を追跡した。

■偶発的衝突が戦闘拡大につながる可能性も

米紙ワシントン・ポストは「防空識別圏問題で今すぐに米日と中国が武力攻撃を始める可能性は低い」としている。お互いをけん制してはいるが、双方とも実際に衝突するには代償が高すぎるからだ。

中国は最近、急速に軍事力を拡大させてはいるが、それでもまだ米国の軍事力には遠く及ばない。今年の国防予算も1140億ドル(約11兆6700億円)で、米国の6270億ドル(約64兆2050億円)の5分の1程度だ。今すぐに米国と正面衝突をするには負担が大きいだろう。10年以上続いたイラク戦争やアフガニスタン紛争で極度の「戦争疲れ」に陥っている米国としても、どんな形であれ軍事衝突は避けたいはずだ。

しかし、本部でのこうした「合理的判断」にもかかわらず、軍事力が集結している現地ではいつ偶発的な衝突が起きてもおかしくないというのだから問題だ。国際戦略の専門家らは「偶発的な衝突が各国の国民感情を刺激すれば収拾がつかない事態に至ることもあり得る」と見ている。事実、過去にも東シナ海や南シナ海で米中が物理的な衝突の直前まで行ったケースがある。

今年6月、東シナ海の海上で中国の海洋監視船5001号が巡視活動をしていたとき、米海軍所属の音響測定艦と一時対峙するという事態が発生した。中国側はこのとき「米国船舶がスパイ活動をしている」とすごんだ。

2009年には対潜水艦作戦中だった米音響測定艦「インペッカブル」を中国海軍の艦艇5隻が取り囲んで航行を妨害、交戦直前の状況までいった。また、01年には米海軍のEP3偵察機が南シナ海公海上空で情報収集活動を行っていた際、中国がF8戦闘機を発進させ、空中衝突している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/30/2013113000623.html


関連記事

[ 2013年11月30日 19:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp