韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本テレビメーカーの「暗い未来」 甘い願望を打ち砕く「広州交易会」の現実!

日本テレビメーカーの「暗い未来」 甘い願望を打ち砕く「広州交易会」の現実!

2013-12-01-k024.jpg
広州交易会の会場。巨大なピカピカのブースがテレビ関連だけでも20個以上も立ち並びます

2013年4月、世界最大規模の貿易展示会である中国の広州交易会に行ってきました。

幕張メッセを5,6個並べたような巨大な会場に、今年も2万社以上のセラーが自社の商品を展示しています。世界200カ国から集まった20万人を超えるバイヤーが商談を繰り広げる様子は、まるで世界中のあらゆる人種の展示会のようです。

40型のテレビが2万円台。韓国勢も敵わない

この会は中国を中心としたモノづくり企業が、輸入業者に自社製品を見せて世界中で売ってもらう交渉を行う場です。広大な会場に所狭しと作られたブースには、種種雑多な製品が並べられ、一癖も二癖もありそうなバイヤーたちがそれを物色します。

スポンサードリンク
そんな催しが3週間も続き、2トンもある金庫など「誰が買うんだ?コレ」というものも多数見られたのですが、中には誰もが知っているメジャーな製品もたくさんありました。そのひとつが、テレビです。

会場内のテレビ製造会社が集まる一角を見て、私は唖然としました。20社以上の中国企業が薄型テレビを展示しているのです。

ある会社は30台ものテレビを設置し、韓流アイドルのPVを延々と流していました。そこに映る画像は日本の国産テレビと遜色はなく、値段を聞くと40型のテレビが日本円にして2万円台だそうです。

おそらく一括大量購入すると、さらにとんでもない値段になるのでしょう。日本のテレビメーカーが次の切り札と期待する4Kテレビも、普通に並べられていました。

日本のテレビが世界の最先端を行っていたのは、過去の話。技術力では韓国勢に追いつかれ、その韓国勢ですら中国勢の安値・中品質攻勢に利益を削られている。他の国が今ここにリソースをつぎ込んでも無謀であり、日本勢にも勝ち目がないように思えました。

目の当たりにすることで、心から納得できる

私のような素人が見る限り、中国製格安テレビの品質は十分視聴に耐えうるものであり、品質面での競争は限界に来ているように思えました。

さらに、低賃金労働者を使う多くの中国企業が、血で血を洗う値下げ競争をしているのを目の当たりにして、「こらあかん」と心の底から実感しました。

日本の大手メーカーの中には、すでにテレビの国内生産から撤退したり、自社生産をやめているところもあります。一方で国内自社生産にいまだにこだわる会社もあり、「テレビの国内生産の火を消してはならない」といった論評も聞かれます。

確かに雇用や技術継承の問題もあり、できれば残ってもらうに越したことはありません。しかし海外で現実に起こっていることは国内の想像をはるかに超え、ささやかな願望を打ち砕くものです。問題は国内で議論していても、解決できることでは全くありません。

知識では分かっていても、実際に目の当たりにすることで心の底から納得できるものはたくさんあります。それは個人レベルの身の振り方でも同じことです。是非、知識をつけて海外に行き、様々なものを見て、納得した上で自分の道を探っていきましょう。

http://blogos.com/article/74824/

2013-12-01-k025.jpg

中国テレビメーカー2社、破壊値の55型4K TVをクリスマス商戦に向けて発売。ブラックフライデーでは40%オフの8万円バーゲンも

Hisenseの55型の4K UHDスマートTV「XT880」
冬のシーズン商戦向けに、中国家電メーカーらは4K TVの新モデルを更なる低価格で投入し、市場の起爆剤とする。中国二番目の大手家電メーカーであるHisenseは、55型の4K UHDスマートTV「XT880」を1999ドルで発売開始した。

パネルは台湾AUO製。コントラスト比は4000:1、ダイナミックコントラストは120万:1。視覚角度は178度まで。4系統のHDMI 1.4入力により4K30pまでの映像再生が可能。3つのUSBポートも搭載しており、DLNA規格ストリーミング対応。

スマートTVということで、Wi-Fi搭載、「ディスカバー」機能が好評のOperaブラウザと、NetflixやVUDU、YouTube、Vimeo、パンドラやソーシャルネットワークのアプリが搭載されている。コストコやウォルマートといった量販店の売り場に並ぶ予定。

Seikiでは、新型55型モデル「SE55UY04」を感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日、いわゆるブラックフライデーに、通常価格の1499ドルから40%値引きの850ドルで販売するという。こちらは大手量販店Searsが独占販売権を持っており、同店のみでしか購入できない。アマゾンでは、既存の39型、50型のモデルも500ドル~830ドル(45%オフ)に引き下げられた(ちなみに送料無料)。Seikiの4K TVはスマートTV化するためのネットワーク接続が搭載されておらず、単純な4Kパネルを実装したディスプレイデバイスである。3系統のHDMI 1.4入力を搭載している。パネルは台湾CMI製。

調査会社のNPDディスプレイサーチの「四半期TVデザインと特徴」レポートによると、2013年の4Kテレビの世界需要は98万台を上回り、うち、62万台(63%)を中国が占める。2016年には700万台を超えるという。中国陣の出荷予測は2013年で33.3万台、2016年には260万台を超えるとのこと。

http://news.livedoor.com/article/detail/8271561/

恐ろしや中国企業…。


関連記事

[ 2013年12月01日 16:18 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp