韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  大邱世界陸上:中・日と韓国の成績に差があるワケ…!!

大邱世界陸上:中・日と韓国の成績に差があるワケ…!!

2011-08-31-korea-1.jpg

中国は各大学に陸上部、日本は学校で陸上義務化

世界陸上界の主導権は北中米(トラック短距離)、アフリカ(トラック中・長距離)、欧州(フィールド)が三分している。身体的条件の限界で、アジアは世界のトップレベルに至っていない。

しかし、中国と日本は五輪や世界陸上競技選手権などで韓国に比べはるかに好成績を出している。世界陸上だけで見ると、30日までの通算メダル数は中国29(金10・銀9・銅10)、日本21(金4・銀6・銅11)だ。世界陸上47種目のアジア記録は中国が24(男5・女19)、日本が7(男6・女1)持っている。


■中国、戦略種目を多様化

大邱世界陸上選手権で30日までに金メダル1(女子円盤投げ)、銀メダル1(男子110メートルハードル)を手にした中国はアジアの陸上最強国だ。世界との格差も比較的小さい。

かつて、中国陸上界の担い手は「貧しい農民の娘たち」だった。1970-80年代に生活が苦しい農村部の女子を選び「ハングリー精神」を武器に中長距離選手に育成した。その成果が馬俊仁コーチ率いる「馬軍団」だった。馬コーチによるハードなトレーニングを受けた中国人女子選手たちは1993年に世界陸上シュツットガルト大会で1500メートル、3000メートル、1万メートルを制覇、同年9月に中国全国体育大会において3種目で世界記録をマークした。しかし、中国経済が発展するにつれ「ムチ」の力も限界を見せた。貧困から脱するため、あえてつらい陸上競技をする必要がなくなったのだ。中国は95年から2005年まで6回開催された世界陸上で、金メダルを一つしか取れなかった。

中国は08年の北京五輪を機に変化を試みた。中国体育総局は国民の関心を陸上に向けようと、国際陸上競技連盟(IAAF)が主催する大会をほぼ毎年開催している。その上、科学の力も動員した。中国体育科学研究所などが110メートルハードルの劉翔(28)をはじめ「特別な人材」の欠点克服に乗り出したのだ。その結果、世界陸上ベルリン大会では四つのメダル(金1・銀1・銅2)を獲得した。

中国陸上界は、15年の世界陸上北京大会を視野に新たな体質改善に取り組んでいる。裾野を広げるため、大学陸上部で選手を育成しているのだ。陸上競技をしている学生は大学入学も比較的容易になったという。新華社通信のヤン・ミン記者は「北京大学や清華大学など、どの大学も先を争うように陸上部に力を入れている。世界陸上北京大会では大学が育てた選手たちが活躍するだろう」と話している。


■日本、科学的に記録向上

今大会に50人(男女24種目)を出場させた日本も善戦している。29日に男子ハンマー投げの室伏広治(36)が世界陸上で初めて、マラソン以外の種目で日本に金メダルをもたらし、福島千里(23)は女子100メートルで初めて世界陸上の準決勝に進出した。男女1万メートルと女子5000メートルも決勝まで進出、男女400メートルハードルは準決勝まで上がった。08年北京五輪で銅メダルを取った男子400メートルリレーは今大会でもメダル獲得に挑む。

日本の陸上競技が韓国をリードしているのは、依然として広い裾野、科学的な分析に基づく記録向上努力、選手たちの熱意があるからだ。今年日本で開催される陸上大会は100を超える。20万人に上る陸上人口は減少傾向にあるが、学校では義務的に陸上競技をさせ、全国的な有望選手の育成プログラムも常時稼働している。


科学的に記録を向上させようとする試みも続けられている。日本の機関は、男子100メートルの記録を向上させるため世界のトップスプリンター、アサファ・パウエル(ジャマイカ)を日本に招き、分析した。

(朝鮮日報)




「奇跡」のトレーニング [単行本]

これまでのスポーツの「基本」は何も検証されていないものがほとんどだった!

大記録の陰にこの人あり! といわれるカリスマ、フィットネスコーチ・小山裕史。
彼の初動負荷理論とトレーニングは、科学的に検証され、医学界への応用も既に始まっている。この理論の登場によって革命的に変わったスポーツの常識を、一般書として優しく書き下ろす、驚天動地の本。
 超一流のアスリートが、「もっと子供の頃に出会っていたかった」と涙する、このトレーニング。無用のケガを防ぐ意味でもお子さんをお持ちの方、子供にスポーツを指導する方は必読です。

【初動負荷トレーングによって起きた「奇跡」のほんの一例】
●ケガで引退を考えていた400メートルの伊東浩司選手が、初動負荷走法に取り組み100 メートルに転向、白人・黄色人種の世界最高記録10秒00を達成!
●100メートル13秒の中学生が、わずか半年のトレーニングで10秒台に!
●肩の故障で手術が必要といわれキャッチボールもできなかった投手が、 5日後には、140キロ近くの速球を……!
●間違ったトレーニングと指導で、うつ状態になり、登校拒否になった子どもが回復!
●本書のカメラマン、イラストレーター、販売担当が初動負荷マシーンを体験、わずかな トレーニングで、前屈が25センチ以上も伸びた!(写真参照)。肩こりの編集者の肩がウソのように軽くなった!

【やってはいけない! 悪いトレーニング・悪い動作法】
●腹筋・背筋はぜったいやっちゃだめ!
●かかとの高い靴、かかとの柔らかい靴が原因で、腰痛・膝痛が起こる。
●筋肉をつければ、つけれるほどケガばかり……思い当たる人いませんか? 最初から、 最後まで力を出し続けるトレーニングで、つけた固い筋肉がケガの原因だった!
●足を高く上げ、つま先で蹴り、手を振って走ると遅くなる! オスグッド病の原因にも!
●インサイドキックが、サッカー選手に多い鼠径部ヘルニアなどの遠因に!
●ゴルフのバックスゥィングは思い切り捻っちゃだめ!
など……

【初動負荷トレーニングを実践するアスリート】
イチロー・山本昌・村松有人・岩瀬達哉・キム・ビョン・ヒョン(野球)、伊東浩司、犬伏孝行(陸上)杉山愛(テニス)、藤田俊哉・三浦知良・相馬直樹・平野孝・佐藤由紀彦(サッカー)、青木功(ゴルフ)、船木和喜(スキージャンプ)、和田竜二・飯田祐史(競馬)ほか多数……。

★「奇跡」のトレーニング の詳細はこちら!



[ 2011年08月31日 13:01 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp