韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国 2014年の注目点:「単独二孩」策始動、大学院学費徴収

中国 2014年の注目点:「単独二孩」策始動、大学院学費徴収

2013-12-08-ca.jpg

760品目以上の輸入関税引き下げや車両購置税(自動車購入税)の税率計算方式改定など、2014年には、さまざまな分野で新たな規則が施行される。このうち、国民生活に関連の深い注目点は以下の通り。新京報が報じた。 

○三公(公務出国・公用車・公務接待):一般公用車を廃止

11月25日、「党・政府機関の節約励行、浪費反対条例」が公布された。条例には、一般公用車を廃止することが明示された。ただし、必要とされる法律執行・用務遂行用、機密通信用、緊急用・特殊専門技術用車両および、規定に基づき配備されたその他の車両は廃止の対象とはならない。廃止された一般公用車は、公開競売やオークションなどの方法により公開処分される。同政策の施行1年目となる2014年は、一般公務員が公用車の使用と完全に別れを告げる年となる。

スポンサードリンク
○関税:760品目以上の輸入関税引き下げ

財政部が発表した「2014年関税実施計画」によると、中国政府は2014年1月1日より、輸入関税政策を変更、760品目以上の輸入商品に対し、最恵国税率を下回る年間輸入暫定税率を適用する。該当品目には、国民生活と密接に関わる生活用品や公共衛生関連製品も含まれる。

○教育:大学院生の学費、自己負担に

大学院生を対象とした学費徴収制度が2014年秋学期から全面的にスタート、国内の全大学において、新大学院生は学費を納めなければならない。全日制専業(専門職)学位課程の大学院生および、現行の学費徴収策に基づき学費を納めている大学院生については、現行措置が当面継続される。また、現在大学院に在籍している学生の一般奨学金は、「大学院生国家奨学金」に変更される。

○金融:個人海外資産の申告義務化

海外に株券、不動産、あるいは負債をお持ちだろうか?2014年1月1日以降、これらの内容について、規定に基づき申告することが義務付けられた。 「『国際収支統計申告弁法』の改定に関する国務院の決定」は、「海外に個人金融資産や負債を持つ中国国民は、国家外為管理局の規定にもとづき、それらの金融資産や負債の内容を申告しなければならない」と定めている。

○計画出産:「単独二孩」政策スタート

28日に開催された第12期全国人民代表大会常務委員会第6回会議において、出産育児政策の調整完備に関する議案が審議・通過し、夫婦の一方が一人っ子であれば2人目の出産が許される「単独二孩」政策がスタートすることとなった。2014年、各省(自治区・直轄市)では、関連地方法規の改定あるいは新規定の制定が行われる。

○不動産:不動産登記制度の実施

「『国務院の機構改革と職能転換方案』任務の分業に関する国務院弁公庁の通知」では、2014年6月までに、全国統一の不動産登記制度と情報ネットワークの実名制登記制度を発表する方針が明確に示された。不動産登記制が即不動産コントロールに結びつくとは言えないが、不動産市場にある程度の影響を及ぼすことは、誰の眼にも明らかだ。

○自動車購入:自動車購入税を引き下げ
 
国家税務総局が、2014年車両購置税(自動車購入税)の税率計算方式を改定した。同局は2014年1月1日から、電子情報プラットフォーム上で、各車の価格情報を自動収集し、最低税額を査定、発表する。この新措置により、消費者の購入価格は大幅に下がり、納入する税額も減少する見通し。

○広告:衛星テレビが夜間に放映するTVショッピング広告を禁止

中国国家新聞出版広播電影電視(ラジオ・映画・テレビ)総局は、2014年1月1日から、国内の各衛星テレビ局に対し、各社が放送するテレビショッピングのコマーシャルは1時間あたり1本まで、各コマーシャルは3分以内、同一内容のコマーシャルの放送回数は1日3回までとするよう求めた。また、毎日午後6時から午前0時の時間帯は、テレビショッピングコマーシャルの放映が禁止される。

○鉄道:高速鉄道車両での喫煙、最高で罰金2千元

2014年1月1日から施行される「鉄道安全管理条例」によると、設計時速120キロメートル以上の高速鉄道列車では、車体を密封化管理するものとし、車内での喫煙やゴミの車外への投げ捨て、無理な乗車や下車拒否などの行為をした乗客は、500元以上2千元以下(約8700円から3万5千円)の罰金が科せられる。

全国統一ルールのほか、一部の新しい地方法規も注目に値する。

○北京:10年以上の社会保険加入で退職手続可能に

北京市人的資源・社会保障局が発表した「加入者の社会保険料納入延長問題に関する通知」では、「来年1月1日から、同市において、基本養老(年金)保険料を10年以上15年未満収めた北京以外の戸籍を持つ人は、不足分の保険料を納入した後、退職手続きを行うことができる」ことが、初めて明確に示された。

○北京:新エネルギー乗用車もナンバープレート抽選対象に

北京市は、2014年1月1日から、新しいナンバープレート抽選制度を実施する。乗用車のナンバープレート抽選は2カ月に1度実施され、過去に抽選に参加して落選した回数が多い人ほど、当選率が高くなる。累計落選回数が24回から36回の市民は、当選率が2倍に、37回から48回の場合は当選率が3倍となる。また、これまで抽選が免除されていた新エネルギー乗用車も、抽選に参加しなければならなくなった。とはいえ、新エネルギー車専用枠が設けられる。新エネルギー車のナンバープレートを申請する個人は、一般の乗用車の場合と同じ申請条件が適用される。

○上海:12歳未満の子どもの助手席使用を禁止

上海でこのほど改訂された「未成年者保護条例」によると、来年3月1日から、両親・保護者あるいは他の成人が12歳未満の子どもを乗用車に乗せる場合、子どもを助手席に座らせてはならない。また、子どもが4未満の場合は、安全かつ正確にチャイルドシートを使用しなければならない。

○上海:地下鉄キセル乗車の記録を個人信用情報に登録

2014年1月1日に施行される「上海市軌道交通管理条例」では、キセル乗車に対する処罰が強化される。他人の身分証明書や偽造された証明書を用いて乗車する、あるいはその他のキセル乗車を行った乗客は、その違法行為の記録が個人信用情報システムに登録される。(編集KM)

「人民網日本語版」2013年12月31日

http://j.people.com.cn/94475/8500581.html

良い悪いは別にして中国は取り決めが政治主導という事で、決め事は素晴らしい。

言い方変えると独裁的で強制実行とも言えるのだが…。。。

韓国のように理想と過去ばかりにとらわれるのとどちらが良いのか?

両国共に難しい問題だ。。。



関連記事

[ 2013年12月31日 22:04 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp