韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「日本伝来」の唐辛子、日本の文献では「朝鮮伝来」!?

「日本伝来」の唐辛子、日本の文献では「朝鮮伝来」!?

2014-01-05-k006.jpg

壬辰倭乱時に伝わったというのが通説
一方で以前から食べていたという記録も


Q. トウガラシは壬辰倭乱(文禄・慶長の役)後に朝鮮に入って来たというのが定説だというが、数千年前からトウガラシは韓国の食卓に上っていたという話もある。どれが正しいのか。

スポンサードリンク
A. トウガラシは、1492年に新大陸を発見したコロンブスが、ペルーの「アヒ(aji)」を欧州に持ち帰り、それが世界に広まった。韓国には、1592年の壬辰倭乱の時、日本経由で入ってきたというのが通説だった。コロンブスが持ってきた「アヒ」が日本を経て韓国や中国、インドに伝えられたというわけだ。このような「日本伝来説」を最初に提起した人物は、歴史学者の崔南善(チェ・ナムソン)だった。李盛雨(イ・ソンウ)元漢陽大学食品栄養学科教授も、1978年に「『芝峰類説』を見ると、『トウガラシは日本から来たので倭芥子という』と書かれている」として、崔南善と同じ説を唱えた。その後「日本から入って来たので倭椒という」(『星湖僿説』)、「南蛮椒が壬辰倭乱の後、タバコと共に入って来た」(『五洲衍文長箋散稿』)などと記した文献が続々と示され、トウガラシは日本から伝えられたという日本伝来説が「通説」とされるようになった。

韓国学中央研究院のチョン・ギョンラン責任研究員と韓国食品研究院のクォン・デヨン博士のチームが2009年、「トウガラシは壬辰倭乱前から存在した」と、通説を覆す主張を行った。チョン研究員・クォン博士らは「15世紀から韓国でトウガラシを食材として使用していたという文献記録がある」と主張。チョン研究員は「壬辰倭乱前から、幾つかの文献に『苦椒』という表現が登場し、日本の文献ではほとんど『トウガラシは朝鮮から入ってきた』と説明している」と語った。日本の『大和本草』にも「日本にはトウガラシがなかったが、豊臣秀吉の朝鮮征伐の時にかの国から種を持ってきたので、高麗胡椒という」と書いてあるという。これに対し、日本伝来説を唱える研究者らは「トウガラシが発見される前の『苦椒』は、サンショウの実を指す川椒あるいはコショウのこと」と反論している。トウガラシの由来をめぐる定説は、まだないというわけだ。

※アドバイス:韓国学中央研究院チョン・ギョンラン研究員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/05/2014010500143.html

唐辛子(トウガラシ)

唐辛子は、コロンブスが西インド諸島で発見し、旧大陸経由で日本へ伝わったとされる。16世紀後半のことで、南蛮船が運んで来たと言う説から南蛮胡椒、略して南蛮または胡椒とも言う。コロンブスは、唐辛子を胡椒と勘違いしたままだったので、これが後々まで、世界中で唐辛子 (red pepper) と胡椒 (pepper) の名称を混乱させる要因となった。

現在世界中の国で多く使われているが、アメリカ大陸以外においては歴史的に新しい物である。クリストファー・コロンブスが1493年にスペインへ最初の唐辛子を持ち帰ったが忘れられ、ブラジルで再発見をしたポルトガル人によって伝播され、各地の食文化に大きな影響を与えた。

ヨーロッパでは、純輸入品の胡椒に代わる自給可能な香辛料として南欧を中心に広まった。16世紀にはインドにも伝来し、様々な料理に香辛料として用いられるようになった。バルカン半島周辺やハンガリーには、オスマン帝国を経由して16世紀に伝播した。

ポルトガルより日本への伝来

日本への伝来は、1542年にポルトガル人宣教師が大友義鎮に献上したとの記録がある(以下を参照)が諸説ある。南蛮胡椒と呼ばれていたのはこのためであるとされる。日本に伝来した初期は食用として用いられず、観賞用や毒薬、足袋のつま先に入れて霜焼け止めとして用いられた。

文献記録

唐辛子の日本への伝来を具体的に記した文献は、江戸時代後期の農政学者・佐藤信淵(のぶひろ)の『草木六部耕種法』(1829) である。その著の中で「蕃椒は最初南亜墨利加(南アメリカ)州の東海浜なる伯亜見国(ブラジルの事と思われる)より生じたるものにして、天文十一年波繭杜瓦爾(ポルトガル)人初めて豊後国に来航し南瓜の種子と共に国主大友宗鱗に献ぜり。」と記している。しかし、天文11年(1542年)には種子島にも豊後国にも来航した記録はない。大友義鎮(よししげ、出家後に宗麟〔そうりん〕と称す)が父の義鑑(よしあき)の死後、国主を継いだのは、天文19年(1550年)であり、また、宣教師バルタザール・ガーゴ(ノルウェー語(ブークモール)版)神父ら一行がザビエルに代わって中国の上川島(中国語版)(シャンチュアン、広東のすぐ近くの島)から種子島経由豊後に向かったのは、天文21年(1552年)との記録がある[9]ことから、天文11年は21年の誤記である。

日本から朝鮮への伝来

1613年の朝鮮文禄『芝峰縲絏』には「倭国から来た南蛮椒には強い毒が有る」と書かれ、1614年の『芝峰類説』では「南蛮椒には大毒があり、倭国からはじめてきたので、俗に倭芥子(倭辛子)というが、近ごろこれを植えているのを見かける」と書かれており、イ・ソンウ(李盛雨)が『高麗以前の韓国食生活史研究』(1978年)にて日本からの伝来説を示して以降、それが日韓共に通説となっている。伝来理由としては朝鮮出兵のときに武器(目潰しや毒薬)または血流増進作用による凍傷予防薬として日本からの兵(加藤清正)が持ち込んだものである。『花譜』や『大和本草』(貝原益軒著)などには「昔は日本に無く、秀吉公の朝鮮伐の時、彼の国より種子を取り来る故に俗に高麗胡椒と云う」などと朝鮮から渡来したことが書かれている。これは一見相反するが、日本に唐辛子が伝わった当初は、西日本を中心に広まり、その後、朝鮮の日本支配地域から逆輸入されため、という解釈がある。

1460年に発刊された『食療纂要』にチョジャン(椒醤)という単語があるとし、それがコチュジャンを意味するもので、日本伝来の唐辛子とは違う韓国固有の唐辛子はすでにあったとされる[10]。その一方で、1670年の料理書『飲食知味方』に出てくる数多くのキムチにも唐辛子を使用したものは一つも見られず、 韓国の食品に唐辛子を使用した記録が19世紀に少し出てくる程度であることから疑問とする考え方もある。

詳細はこちら


関連記事

[ 2014年01月05日 09:41 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp