韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  第4四半期の輸出に「黄信号」、先行指数が低下!!

第4四半期の輸出に「黄信号」、先行指数が低下!!

2011-09-30-korea-2.jpg

欧州の財政危機による影響で、輸出動向の先行きを示す輸出先行指数が第4四半期(10‐12月)は前四半期を大幅に下回り、韓国企業の輸出戦略に年末にかけ「黄信号」がともった。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)とサムスン経済研究所は29日、世界の韓国関連購買担当者2137人を対象に行った調査で、輸出先行指数が53.6となり、第3四半期(58.1)を4.5ポイントも下回ったと発表した。これは、第4四半期の輸出の伸びが鈍化するとみられることを示している。

輸出先行指数は、海外の購買担当者の発注予定額に基づき、輸出景気を予測する指標で、数値が50以上なら前四半期に比べ好況、50以下なら前四半期に比べ不振を示す。

ただし、KOTRAは「指数は基準値となる50を依然として超えており、輸出額が前四半期を下回る状況ではない」と説明した。

業種別では、半導体、液晶パネル、家電、コンピューターなどIT関連の製造業で指数が50を下回った。これに対し、石油製品(ガソリンなど)、自動車、携帯電話などは50を超え、前四半期に続き、輸出の伸びが期待されることが分かった。石油製品は原油価格高騰を受け、1‐8月の輸出額が334億7500万ドルに達し、不振の半導体を上回り、輸出品目で1位に浮上した。

輸出の仕向け先別では、日本、中東、アフリカを除く全ての地域向けの輸出が鈍化するとみられる。日本と北米の指数はそれぞれ53.4、52.8で基準値の50を上回っているが、財政危機が直撃した欧州は基準値を下回る48.8にとどまった。日本は地震被害の復旧、円高による輸入拡大で、韓国製品の発注を増やしている。

企業も年内の輸出契機を悲観している。大韓商工会議所が最近、輸出企業500社を対象に実施した調査によると、回答企業の66.8%が「今年の輸出目標の達成は困難」とした。今後の輸出見通しについては「年末にかけ輸出条件が悪化する」との回答が36.4%だった。

(朝鮮日報)




地獄に落ちる世界経済

ついに米国債格下げという未曾有の事態。ヨーロッパでは、いよいよギリシャが胸突き八丁になり、それがEU全体に悪影響をおよぼすことが確実視されている。片や、世界の工場・中国では、新幹線事故などを始め、その経済・政治の不安定性が世界に晒されてしまった。本書では、このような事態にある世界経済が、これからどのように進んでゆくのか、日本に対する影響はどのようになるのか、明るい希望の灯はどこにもないのか? などの疑問について、実際に金鉱山事業を展開する、経営的視点から分析し予測する。

1929年の大恐慌を超える、世界同時破綻!日本経済はこれからこうなる!米国債暴落、ユーロ解散、中国大崩壊!「末法の世」と化した世界の中で、どう生き残るのか?バクテリアが実現する革命的新技術から日本の未来を読む。

★地獄に落ちる世界経済 の詳細はこちら!



[ 2011年09月30日 13:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp