韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  アップル・グーグル・MS“3強”を揺るがす三星ハードウェアパワー!!

アップル・グーグル・MS“3強”を揺るがす三星ハードウェアパワー!!

2011-09-30-korea-6.jpg

◇市場再編が変数に三星サムスン)とマイクロソフト間の包括的協力は、アップルだけでなくグーグルにも衝撃を与えた。「アンドロイド」基本ソフト(OS)市場の拡大に没頭してきたグーグルにとって、両社の電撃的な協力発表は新たなライバル出現を予告するものだ。

「アンドロイド軍団」のリーダー格である三星がマイクロソフトのスマートフォン0S「ウィンドウズモバイル」搭載フォンを積極的に開発する場合、少なからず脅威となるからだ。実際、グーグルはマイクロソフトと三星の協力が伝えられると、直ちに「マイクロソフトの術策」として強く反発した。

現在、アンドロイドは世界OS市場でシェア1位(43%)。アンドロイドの昨年4-6月期のシェアは17%だった。これを1年で26ポイントも高めたのだ。

もちろんグーグルと三星は相変わらず「同盟」関係を維持している。両社が来月11日に新しいスマートフォン「Nexus Prime」を発売する。「Nexus Prime」は「アンドロイド」OSの最新バージョン「アイスクリームサンドイッチ」を初めて搭載したリファレンスフォン。アップルが来月4日に公開するアイフォーン5の‘対抗馬’だ。

一方、三星をはじめとするアンドロイドフォン製造会社と全面的な特許訴訟戦を繰り広げているアップルにとってはうれしくないニュースだ。三星とマイクロソフトが特許を共有することになれば、以前に比べて不利な立場となる。

マイクロソフトは今回の三星との交渉で、モバイルOS市場で起死回生のチャンスをつかんだ。年初にノキアが独自のOS「シンビアン」を捨てて「ウィンドウズモバイル」を選択したのに続く好材料だ。

三星がマイクロソフトとの今回の協約でウィンドウズフォンを積極的に開発した場合、スマートフォン製造市場の地図は変化する可能性が高い。マイクロソフトの「ウィンドウズモバイル」OSを搭載したウィンドウズフォンの市場シェアが高まるからだ。これは三星にも有利な構図だ。

産業研究院は28日、報告書「世界スマートフォン市場の競争構図変化展望」で、「現在のような‘2強(グーグル・アップル)1弱(マイクロソフト)’構図よりアップル・グーグル・マイクロソフトが市場を分け合う‘3強’構図が国内企業にとってはるかに有利」という分析を出した。

「2強1弱」構図になった場合、地位が強化されたグーグルが三星電子やLG電子よりも、先月買収したモトローラをさらに活用する可能性が高く、韓国企業が不利になることも考えられる。しかし3強構図になった場合、グーグルが市場を守ろうとするため、モトローラ中心の生産戦略を駆使するのが難しくなる。


◇注目される三星のハードウェア競争力=三星がこのように市場構図自体を変える変数になる理由は、優れたハードウェア技術力を保有しているからだ。

今年4月にアップル-三星電子間の特許訴訟戦が始まると、海外メディアは「アップルが三星を取り上げて特許全面戦争を繰り広げるのは、アップルの唯一の敵であるため」とし「三星を無力化した場合、アンドロイドOS軍団に大きな打撃を与えられると判断した」という分析を相次いで出した。

半導体分野のライバルでもあるインテルが三星に「Tizen」共同開発を提案したのもこのためだ。「Tizen」は、コンピューター・スマートフォンのほか、スマートTV・自動車用「インフォテイメント」機器など多様な機器に幅広く適用できる開放型プラットホーム。

三星の関係者は「Tizenは次世代OSのウェブ基盤OS。クラウドコンピューターが一般化する未来にはウェブOSが大勢になる」と述べた。このOSの開発が完了すれば、三星は自社のOS「Bada」はもちろん、「アンドロイド」「ウィンドウズモバイル」「Tizen」など4つのOSを活用できることになる。

権五鉉(クォン・オヒョン)三星電子デバイスソリューション(DS)事業総括社長は29日、「IT事業構造がハードウェア中心からソフトウェア中心に変化しているが、ソフトウェアが繊細になるほど、これを具現する革新的ハードウェアに対する市場の欲求は高まる」と強調した。

(中央日報)




いま世界経済で起きている大変なこと―奈落の底に沈む国、V字回復する国

ベストセラー『いま日本経済で起きている大変なこと』の待望の続編! 今回は、日本のみならず、アメリカ、ユーロ、中国、新興国等、世界に目を転じ、世界経済で起こっている“大変なこと”を明らかにしていく。2011年春以降の世界経済の見方から、投資スタンスまで、個人投資家のみならず、経営者、ビジネスマン必読。 日本人よ、無知なメディアに騙されるな!! アメリカ、ユーロ、中国、BRICs デフォルトを証明するこれだけの事実!

★いま世界経済で起きている大変なこと―奈落の底に沈む国、V字回復する国 の詳細はこちら!



[ 2011年09月30日 20:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp