韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  早死にの一因はウオツカ、ロシア男性25%が55歳までに死亡=調査

早死にの一因はウオツカ、ロシア男性25%が55歳までに死亡=調査

2014-01-31-k039.jpg

ロシア人男性のうち、55歳を迎える前に死亡する人が4分の1に上り、死因の多くはウオツカなどのアルコールに関連していることが、英オックスフォード大学などの調査で明らかになった。

調査チームは15万1000人を対象に、ウオツカの摂取量や喫煙の有無などを最長10年にわたって調べた。このうち約8000人は調査期間中に死亡したという。調査結果は医学誌ランセットに掲載された。

スポンサードリンク
それによると、0.5リットル瓶のウオツカを週に3本以上飲む喫煙者の男性は、1本以下という喫煙者の男性に比べ、死亡するリスクが高いことが分かった。死因の多くはアルコール中毒、アルコールによる事故や暴力、自殺のほか、肝臓がん、咽頭がんなどだったという。

調査を行ったオックスフォード大のリチャード・ペト氏は、ロシアでは過去30年の間、異なる大統領の下でアルコール規制や社会が変化するなか、死亡率も変動してきたと指摘。

同じく調査に参加したロシアのがん研究センターのDavidZaridze氏は、ウオツカと死亡率の関係について「健康上の危機」と語り、適量の飲酒で状況は改善するとの見方を示した。

http://news.livedoor.com/article/detail/8488140/


関連記事

[ 2014年01月31日 21:19 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp