韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓中日首脳会談:これまでと様相が変わった?!

韓中日首脳会談:これまでと様相が変わった?!

2010-05-31-hatoyama-1.jpg

済州島での第3回韓中日首脳会議は初めて、二日間の日程で行われた。首脳会議も二日に分けて行われ、初日の29日は3カ国間協力の評価や今後の発展案など主に経済分野が、二日目の30日には、哨戒艦「天安」沈没をめぐる問題や北東アジア情勢など主に政治分野が議論された。李明博(イ・ミョンバク)大統領と中国の温家宝首相、日本の鳩山由紀夫首相は、二日間で会議2回、食事2回(29日の歓迎夕食会、30日のビジネスサミット昼食会)を共にした。過去の首脳会議は「1日限り」で、会議も1回だけだった。

3カ国の首脳は会議期間中、さまざまな文化行事を共にした。29日夕方には、如美地植物園で3カ国の若手音楽家で構成された「英才トリオ」と、3カ国の演奏者で構成された「オーケストラ・アジア」の公演を観覧した。

30日の首脳会議が終わった後は、「2020タイムカプセル」を封印するイベントが行われた。3カ国の首脳は、会議場の済州国際コンベンションセンター(ICC)野外彫刻公園に埋めたタイムカプセルに、「ここに第3回韓中日首脳会議の開催を記念し、3カ国の10歳の子どもたち2020人が3カ国の平和と繁栄、友情を祈願した手紙をタイムカプセルに入れ、2020年までこの場所に保管する」というメッセージを入れた。首脳らはタイムカプセルの横に樹齢30年、高さ4.5メートルのクロマツを共同で植樹した。

3カ国の首脳は次いで、全国経済人連合会と日本経済団体連合会(日本経団連)、中国の国際貿易促進委員会の関係者など企業家約60人が出席した「ビジネスサミット」を開催した。また、博士号取得から5年以内の「青年科学者」を激励するイベントも同時に行われた。

温首相は30日、済州で30分間にわたり、朝の散歩をした。温首相はこの日、首脳会議を前に李大統領と談笑しながら、「夜遅く寝ても朝に軽い運動をすれば、頭がすっきりする。数十年間そうしてきた」と述べ、李大統領は「一生懸命暮らしている方は、朝の習慣が似ている」と答えた。鳩山首相はこの場で、「妻と一緒に来たが、(妻は)外の景色を見て、韓国ドラマでよく見た風景だと話していた」と伝えた。鳩山首相夫人の幸さんは、韓国ドラマファンとして知られている。李大統領夫人の金潤玉(キム・ユンオク)さんはこの日、幸さんを招待して昼食を共にした。温首相の夫人は今回の会議に同行しなかった。

(朝鮮日報)


おいおい… 韓国なのだから当たり前ではないか。。。

中国は日本の技術、工場の設立等で、日本技術が盗まれた事で、今の経済がある。 そして今なお日本の技術は中国に盗まれ、工場は次第に中国の管理者・経営者が増えてきた。
本来日本の管理者のもとで、中国工場を管理指導し、利益を上げることが目的だったが、日本経済の乱れで中国へ技術が移動し、中国なりに改善して日本を抜こうとしている。

しかし経済の進歩に日本が必要なのは、温家宝首相が一番知っていることだろうし、これからもそうしたいという願いがある。 日本は、そういう部分をついて、技術を与えない態度で臨めば、中国も日本へ協力的になる。

韓国は日本との合弁会社が多く、国も小さいため大手三社の技術力に注意すれば、何とかなるだろう。
元々韓国は勉強家が多い企業体質だ。 日本の技術を下に見る傾向がある。 従って技術を盗まれるという手段は基本的にはとらない。 今でも昔の植民地時代の背景があるため、現状の対応を維持してゆけば、さほど問題になる事はない。

海外に向けた鳩山首相の厳しい動きが今後はじまる…。。。 であろう…。。。

[ 2010年05月31日 20:31 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp