韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、5.3インチ「ギャラクシーノート」で隙間市場を開く!!

サムスン、5.3インチ「ギャラクシーノート」で隙間市場を開く!!

2011-11-29-korea-3.jpg

サムスン電子が28日に韓国で発売した「ギャラクシーノート」は、「Sペン」で画面に文を書いたり絵を描く機能を持つ。

サムスン電子がスマートフォンとタブレットPCの壁を崩した新概念スマート機器「ギャラクシーノート」を28日に韓国で発売した。サムスン電子のシン・ジョンギュン無線事業部社長は本社で開いた製品発表会で、「スマートフォンでもない、タブレットPCでもない、新しい概念のスマート機器」とギャラクシーノートを紹介した。シン社長は、「移動中にさらに速く、より多くのことをしたい顧客のために画面と画質を引き上げ、速度を高め、ペンで文字を書く機能を導入した」と話した。

ギャラクシーノートは5.3インチの大画面を採択した。最大で4.6インチ前後の既存のスマートフォンより大きく、7~9インチのタブレットPCよりは小さい。ディスプレーは解像度を高めた「HD(高画質)AMOLED」を搭載した。製品の最も大きな特徴はギャラクシーシリーズで初めてデジタルペン入力機能を追加したこと。

専用ペンの「Sペン」で手帳に文字を書くようにメモして絵を描くことができる。画面を押す圧力を128段階で感知し、アナログペンと同様に太さを調節する。入力モードは鉛筆・シャープペン・筆・蛍光ペンの中から選択できる。特にスケジュールとメッセージ、電子メールで手文字でメモを作成して共有できるアプリケーション「Sメモ」とスケジュール管理「Sプランナー」は紙でできたダイアリーのように感じられる。地図上に説明を付け加えたり写真の上に文字を書き込むことも可能だ。日本のワコムの技術を導入してサムスンのハードウェアに最適化した。この日の行事ではイラストレーターが「Sペン」を使って直接絵を描いた。

製品を紹介したサムスン電子のキム・チャンギュン韓国総括課長は、「紙・ペンのような“ルック・アンド・フィール”をデジタル機器に着せてアナログ感性を生かした」と説明した。

画面が大きくて動画録画と再生、インターネット新聞や電子ブックを読むにも便利だ。画面サイズが大きいのに対し厚さは9.65ミリメートル、重さは182グラムで携帯性も良い。ギャラクシーノートは9月にドイツで開かれた国際家電見本市(IFA)で初めて公開され、先月に英国をはじめ東南アジアとインド・中国などで相次いで発売された。韓国での出庫価格は99万9000ウォンで、実際の販売価格はSKテレコムの月6万2000ウォン料金制適用時に45万6000ウォンだ。

海外発売製品はほとんどが3Gに対し、韓国発売する製品は4G(4世代)ロングタームエボリューション(LTE)に対応する。このためLTE料金が負担になる一部消費者は海外で発売された3Gモデルを買って使う場合が少なくない。LTEが速度は速いがまだ全国網が構築されていない上、データ容量に制限があり無線データを多く使う人には不便なためだ。これに対してコ・ホンソン常務は、「進歩した技術に合わせて製品を出すのがメーカーの役割。3Gモデルの国内発売計画はない」と話した。

サムスン電子はOSにアンドロイド4.0「アイスクリームサンドイッチ」を世界で最初に適用した「ギャラクシーネクサス」と韓国初のLTEタブレットPCの「ギャラクシータブ8.9LTE」もこの日公開した。

(中央日報)




サムスン栄えて不幸になる韓国経済

躍進するサムスン、政財一体となった海外重工業受注、さらにはフィギアスケートやゴルフなど、スポーツの分野での躍進……。一見好調に見える韓国だが、その陰では静かなる危機が訪れており、先行きが危ぶまれている。逆に日本には、日本人が思う以上に底堅く裾野の広い経済があり、悲観的なマスコミの報道に惑わされてはいけないという。豊富なデータと緻密な分析で人気の経済評論家が、知られざる日韓の真実について鋭く解説する。

★サムスン栄えて不幸になる韓国経済 の詳細はこちら!



[ 2011年11月29日 14:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp