韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済:4?6月の企業業績、大幅改善見通し!!

韓国経済:4?6月の企業業績、大幅改善見通し!!

チョソン・ビズ・ドット・コムが証券情報会社のFNガイドに依頼し、時価総額上位100社の4?6月期業績を予想した結果、最終利益は1?3月期に比べ5.58%増の19兆9754億ウォン(約1兆4980億円)に達する見通しだ。営業利益は同14.37%増の21兆629億ウォン(約1兆5790億円)、売上高は同6.41%増の216兆6507億ウォン(約16兆2440億円)が見込まれる。予想結果は、欧州各国の財政危機にもかかわらず、韓国企業の業績が大きく改善する見通しであることを示している。

世界的な金融危機で景気が急激に悪化した前年同期と比べると、業績改善はさらに明らかだ。4?6月期の最終利益は前年同期比で36.2%、営業利益は同62.7%、売上高は同15.5%それぞれ増加する見通しだ。調査対象となった100社のうち、昨年よりも最終利益が増加すると見込まれる企業は69社、営業利益が増加すると見込まれる企業は75社に達する。

業種別では内需回復を受け、流通、サービス分野の業績改善が目立つ。また、時価総額1位のサムスン電子は、4?6月期にも過去最高益を更新する見通しだ。同社は半導体事業の好調を受け、1?3月期に比べ、営業利益が29.7%、最終利益が25.1%伸びる見通しだ。ポスコは1?3月期に比べ、営業利益が18.3%伸びると見込まれる。

今年前半に電機・電子分野とともに株価を主導した自動車関連銘柄の増益は一段落する見通しだ。現代自動車、現代モービスの最終利益は1?3月期に比べ、それぞれ2.5%、5.1%減少が見込まれる。

(朝鮮日報)



[ 2010年06月23日 21:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp