韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  世紀の大発明かペテン師か、ロシアの仰天腕時計…米国で注目集める、身に着けているだけで摂取カロリーを即座に計算・・・

世紀の大発明かペテン師か、ロシアの仰天腕時計…米国で注目集める、身に着けているだけで摂取カロリーを即座に計算・・・

ウクライナ情勢が一段と緊張の度合いを増す一方、先週のモスクワは素晴らしい春の晴天が続いた。 もちろん、テレビでは東部ウクライナの情勢がトップニュースで刻々と伝えられているのだが、多くのモスクワ市民にとっては4月20日のパスハ(復活祭=イースター)、それに続く5月初のロシアのゴールデンウイーク(1日メーデー、9日対独戦勝記念日)の方が関心は高そうである。

こうしたなか筆者の本業であるロシア・ベンチャー投資の分野で久しぶりに面白い出来事が起きている。

米国の人気サイトでロシア企業がブレーク中

米国のクラウドファンディングのプラットフォームで、インディゴーゴー(Indiegogo)という人気サイトがある。ベンチャー企業の新製品、ソフトウエアやゲーム、あるいは映画製作や音楽、美術、さらにはチャリティーなど、世界中の多くの人々から幅広くお金を集めることを可能にしたプラットフォームである。

スポンサードリンク
2014-04-18-k010.jpg
GoBeは手首に装着して皮膚からグルコース量を測定することで、カロリー摂取量を計算することができる。従来のカロリー計算アプリにあるような、商品のバーコードをスキャンしたり食事の写真を撮ったりといったことをする必要が無い

このインディゴーゴーに最近キャンペーン登録したロシア企業Healbe社の新製品「GoBe」がネット上で大きな物議を醸しているのである。

GoBeとは今注目のウエアラブルデバイスで、大きめのデジタル腕時計を一回り大きくしたような形状である。この新製品のキャッチコピーは“The Original 100% Automatic Body Manager™”、つまりナイキが昨年秋に発売開始したNike+フューエルバンドのように日中の体調や活動量をモニターして記録するデバイスであることが想像できる。

しかし、このGoBeが従来の同種のデバイスと大きく異なるのは、摂取したカロリーを自動的に測定、記録することである。

従来、摂取した食事の内容をテキストで入力して送付したり、もう少し進んだものだと食事の写真を携帯電話のカメラなどで撮影して送付するとカロリーを計算してくれるサービスというものは存在したが、これは腕に着けているだけで摂取カロリーが分かるというのである。

もしこれが本当だとすると画期的な技術&デバイスである。飲んだコップの液体がビール(中ジョッキ1杯は約200キロカロリー)か水(もちろんゼロ)か、はたまたノンカロリービール飲料なのか、この小さなデバイスが見分けるのだ!

当然のことながらGoBeは新し物好きのテクノロジー関係者の注目を集め、インディゴーゴー上での人気は急上昇、3月5日にキャンペーンを開始して4月15日のキャンペーン終了時までに会社側の目標額の10万ドルをはるかに上回る108万4944ドルの資金を4474人から集めた。

サイトで100万ドルを上回る資金調達に成功するケースはまれである。ただし資金調達と言っても、エクイティあるいはローンでの資金調達ではなく、ほとんどが新製品(GoBe)の予約販売である。

GoBeは今年7月に一般販売を予定(予定価格=1台300ドル)しているが、サイト上では割引価格の189~209ドルで一般販売に先駆けて6月に販売される。筆者がざっと計算したところではHealbe社はこのキャンペーンで5154個のGoBeの予約販売に成功した。ベンチャー企業が最初の製品製造のための資金を確保するにはうまい方法である。

クラウドファンディング史上最大のペテン師?

ところが、GoBeの注目が高まると同時に、同製品の機能、特に摂取カロリーの自動測定に関して疑問を呈する声がネット上で高まっている。中にはクラウドファンディング史上最大の「ペテン」とまで指摘する声もある。

ここでGoBeの機能を簡単に見てみよう



GoBeには3つのセンサー(圧力センサー、インピーダンスセンサー、モーションセンサー)が備えられている。この3つのセンサーから得られた情報を“FLOW”と称するHealbe社が開発したアルゴリズムで分析・処理することで摂取カロリー、消費カロリー、心拍数、ストレスレベル、体内水分量、睡眠状態といった情報をデバイス上、あるいはブルートゥース(Bluetooth)接続されたスマートフォン・タブレット端末・PC上に表示するものである。

問題の摂取カロリーは体内インピーダンスの測定値を数学的に処理して血液中のグルコース濃度に置き換えることで算出する。

しかしこの手法に対し米国を中心の多くの専門家が体内インピーダンス(電気抵抗)を測定することで血液の血糖値、さらには摂取カロリー量を有意なレベルで測定することは不可能であると指摘している。

そもそもインピーダンス自体が皮膚の表面の汗のかき具合で大きく変動するのであてにならないとも指摘されている。

実は筆者はHealbe社とは過去2回ほどミーティングの機会があった。最初は昨年秋のこと、投資関連のネットワーキングで100万ドルから200万ドルのシード投資の検討依頼を受けた。

ちょうど中国で委託生産したプロトタイプが完成したところでその実物も見せてもらったのだが、測定機能以前にデバイスの見た目が「いけてない」と感じてそのままになっていた。

2回目は先月初め、インディゴーゴーのキャンペーン開始の頃である。Healbe社はインディゴーゴーのキャンペーンに先立ってGoBeの改良版プロトタイプを今年初め米CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に出展、そこそこの評判を得たらしい。

それに自信を得て筆者に投資の再検討を依頼してきたのである。CESに出展したモデルはパッケージを含め前回よりもずっと洗練されて商品らしくなっており、アイフォーン(iPhone)側のアプリケーションも十分実用に堪えるように見えた。

GoBeの捨て難い魅力

では筆者が同社に投資したかというと、さすがに2回のミーティングで決断できるほどの度胸は筆者にはなかった。何よりも肝心のFLOWテクノロジーの中身が全く不明である。

ただ、ちょうどデジタル腕時計が壊れたタイミングであることを言い訳に、インディゴーゴーで200ドルのGoBeを注文した。もちろん、GoBeの機能を100%信用しているわけではない。最悪、ただのでっかいデジタル腕時計、しかもカレンダーもアラームもストップウオッチも付いていない、になる可能性はある。

しかしGoBeには捨て難い魅力がある。

と言うのも、彼らの技術は筆者に10年ほど前に出合ったあるロシアの会社の記憶を呼び覚ましたからである。その会社はわずか1滴の血液を検査することで、体内にガン細胞が存在するか診断できる(と称する)会社であった。ガン細胞によって生成されるごく微量の特定のタンパク質を検知するのである。

ポイントはその特定のタンパク質とは何か、そしてそれをいかにして検出するかである。前者については彼らはその詳細を決して明らかにしなかった。その詳細は投資と引き換え、というのが彼らの流儀だった。

他方、分析手法についてはその一端を説明してくれたのであるが、極めてユニークである。日本であれば微量のマーカーを検出するためには高精度の分析装置を開発するのが普通のアプローチである。

しかしロシア人はそもそもモノづくりは苦手でそんな高精度の分析装置は作れない。その解決策がソフトウエアである。

彼らの検査装置のソフトウエアを開発していた人物はかつてロシア海軍で潜水艦のソナーを開発していた人物であった。彼いわく、多くのノイズの中から有意なシグナルを取り出す仕組みは潜水艦のソナーもガンの検査装置も同じだと話していた。

しかし、この案件の結末も「ロシア的」であった。ある日このプロジェクトの責任者が研究室で急逝したのである。すべてのノウハウはブラックボックスに納められたまま・・・。

話をGoBeに戻そう。繰り返しになるが筆者は同製品を100%信じているわけはない。米国専門家たちの批判は極めて合理的である。ただ気になるのは、彼らのコメントからは「米国流」ではないことに対する拒絶反応が強く感じられるのである。

科学的な根拠が英文で欧米の学術誌に投稿されていないからといって、その根拠が全くのデタラメであるとは断定できない。テストデータの開示方法が米国の基準にそぐわないからといってデータがインチキであるとは断定できない。革新的なテクノロジーが米国以外では生まれないわけではない。

まあ、論より証拠である。6月に現物が届けばすべては判明する。機会があれば実証結果を読者の皆さんにお伝えしたい。

もちろん、長年のロシアビジネスの経験から製品が予定通り6月には届かないリスクも織り込み済みであることは言うまでもない。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40473 より


関連記事

[ 2014年04月18日 12:39 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp