韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  任務に耐えられない「関心兵士」は直ちに除隊を

任務に耐えられない「関心兵士」は直ちに除隊を

陸軍第28師団所属の兵士2人が11日に心中(自殺)したのに続き、12日には第3軍司令部所属の兵士が小銃で自殺した。3人はいずれも徴兵時の適性検査において、部隊での生活に適応するのが困難な「関心兵士」と判定されており、第28師団の2人は関心兵士のA級とB級、第3軍の兵士はA級に分類されていた。実際に3人はこれまでも任務の遂行中にうつ病を発症して心療内科治療を受けたことがあり、うち2人は自殺未遂を起こしたこともあったという。

関心兵士は所属された部隊において周りの環境や任務に適応できないケースが多いが、中でも「自殺を考えたことがある」とか「実際に自殺未遂に至ったことがある」場合は「特別管理対象(A級)」に分類され、現在その対象者は8634人いる。また「性格に問題があり、いじめなどを起こす可能性がある」と判定された場合は「重点管理対象(B級)」とされ、その対象者は現在1万9530人いるという。さらに「虚弱体質で特異な性向を持つ」とされるC級は5万人いるが、これには入隊から100日未満の二等兵はすべて含まれている。

これらA級、B級、C級をすべて合計すると8万人に達し、これは現在の韓国軍における現役兵全体の23%に相当する。ちなみに昨年は32万人が新たに入隊したが、そのうち2万6000人は徴兵検査の際に心理面で異常の兆候が認められたにも関わらず現役兵とされた。現在、新規の徴兵対象者で現役兵とされる割合は90%以上と非常に高くなっているが、これは少子化の影響で徴兵対象者の絶対数が減少しているためだ。つまり現在の韓国軍の現状は、少しばかり問題があってもまずはとにかく入隊させ、もし実際に何らかの問題が発生した場合は、所属する部隊が「関心兵士」に指定して管理することになっているのだ。

スポンサードリンク
2013-12-17-wa1.jpg

(中略)
韓国軍当局は関心兵士のうち毎年およそ1500人を「任務の遂行には不適格」と判定し、早期除隊などの措置を下している。陸軍では今月からこれらの判定にかける時間を2-3週間に短縮し、手続きも簡素化した。しかしこのような形での早期除隊が今後増えれば、他の兵士たちの士気を低下させ、あるいは判定の際に何らかの不正が行われる恐れが出てくるだろう。しかし突然大きな問題を起こす可能性を抱えた時限爆弾のような兵士に武器を渡し、任務に就かせることはさらに大きな問題だ。韓国軍当局はこの機会にA級とB級の関心兵士全員を対象に改めて実態調査を行い、任務の遂行に耐えられないと判断した場合は直ちに除隊させなければならない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/14/2014081401222.html

【管理人コメント】

徴兵制度は本来、国を守るだけでなく、心身を鍛えることにある。
だがストレス社会となり、心身障害を抱える人材が増えてきた。

闇雲に軍を増やすよりは、質を上げる事が重要だ。
今後は自国内の人材で軍を増やすのは難しい。
軍備を長期にわたって大切に整備して利用する事も重要だ。

点検や整備士あるいは修理職人の資格試験を導入し、雇用促進につなげるのも良いだろう。

日本などの防衛大学は幹部自衛官を要請する教育施設とはいえ、そのレベルは高く簡単に入れるレベルではない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E8%A1%9B%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%A0%A1

今は戦争時代ではないとはいえ自国を守る或いは大災害の救援や他国の支援などに先進国としては欠かせない業務である。 一部を民営化する事も重要だろう。

政府直下の企業を設立し経営は通常企業と同じにすることで、利益を還元しつつ災害時の支援活動等に役立てる部隊も必要である。

徴兵制度のない日本は自衛官のレベルは高い。 まして幹部教育は非常に厳しい試験をクリアしないとならない。
その時点で韓国と比較にはならない。

技術進歩で無人の戦闘機や戦車等々が増えるだろう。
IT技術を多様化して、不足した人員を補いようになる。

むしろそちらの方が手加減はないし正確だけに恐ろしいのだが…。。。



関連記事

[ 2014年08月14日 13:19 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
>「虚弱体質で特異な性向を持つ」とされるC級は5万人いるが、
>これには入隊から100日未満の二等兵はすべて含まれている。

これが本当なら、軍隊が要求する資質と入隊者の資質にギャップが
あること、つまり需要と供給のギャップを示唆しているわけで、
要求レベルを変えられないなら供給側つまり学校と家庭の育成過程を
改善しないといけない。

家庭の進学熱、その向こうにある一流企業志向が根本にありそうだ。
しかし、そこには触れられないから「関心兵士」は直ちに除隊を、となる。
[ 2014/08/14 16:25 ] [ 編集 ]
徴兵いろいろ考察
徴兵制度の目的は、有事の動員数の維持にある。
心身の鍛練は動員される戦闘員としての基礎として必要なのであって、徴兵の目的が心身の鍛練なのではない。

このあたり右派左派問わず、誤解又は意図的に曲解しているところです。

若年層の体力と規律・道徳といったメンタル面の向上は、やはり家庭と学校の役目です。

韓国の家庭と学校教育の不備による兵役不適格者の頻発を補うための、在外韓国への徴兵でしょうか。

なにか根本的な問題への対症療法の観があります。

正直、2世以降の方々は、本国の人とは言語・風習に違いがある。そして本国の人の在外韓国人観を考えると、あまり双方にとっていい結果にならない気がします。狭量な国柄と、陰湿かつ愚劣ないじめの頻発する組織ではなおさら。
国民の義務と言われれば、どうしようもないですが…

話は変わって、防衛省のHPを見たら、予備自衛官補のページがありました。
技能者又は高学歴の人材、又は一般の希望者を応募試験・教育後に採用し、有事・大規模災害の時のみ、割と安全な後方で(司令部も含むのでしょう)自衛官として勤務するものです。
最初から予備役として採用

量より質の自衛隊は、必要な人材の確保に現実的な方法をとっているようです。
[ 2014/08/14 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp