韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  訪日中国人急増 背景にネット上の日本人への好感

訪日中国人急増 背景にネット上の日本人への好感

政府観光局によると、7月の訪日外国人は前年同月比約27%増の約127万人となり、月間として過去最多になった。

円安や東南アジアからのビザの発行要件が緩和されたこともあり、訪日客は昨年初めて年間1000万人を超えた。羽田空港の国際線発着枠増加やクルーズ船の寄港増加もあり、今年は昨年を上回るペースだ。 月間の訪日外国人数は今年3月から5カ月連続で100万人を超え、7月までの累計で750万人を突破している。特に、7月の中国からの旅行者は前年同月比101%増の約28万人。11カ月連続で月間の過去最高を更新している。 

百度(バイドゥ)など中国のネットの掲示板には、「日本が嫌いなのに、なぜ日本に行くんだ」という書きこみがあり、それに対して「行く前は日本が嫌いだったが、行ってみると、日本人は親切で考えが変わった」とか、「政府が主張する日本についてのプロパガンダは間違っているんじゃないか」というメッセージが多数書き込まれている。ネットの世界では、日本は好感を持たれているのだ。 

中には「日本人が笑っていたので、びっくりした」というものもあった。鬼畜のような日本人が登場する戦争映画やドラマを見せられていた人が、日本を訪れて、「日本人は親切で、民度が高い」ということがわかり、驚くようだ。 最近、日本で携帯電話を落とした中国人旅行客のエピソードがネットで評判を呼んだ。ホテルに戻るタクシーの中で携帯がないことに気がついたのだが、どこでなくしたかわからない。すると、2人の日本人女性がタクシーで追いかけてきて、携帯を届けてくれた。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140831/frn1408310830001-n1.htm

スポンサードリンク
「せめてタクシー代ぐらい払わせてくれ」と言ったら、「いらない」と帰っていったという。実は中国のネットにはこの手の話があふれている。 中国からの観光客が増えた理由は他にもある。家電量販店のラオックスは、09年から中国の蘇寧電器の傘下となっているが、ここにきて売り上げが急激に伸びている。その理由を尋ねられた羅怡文社長は、「消費税が8%に上がったから」と答えている。 というのも、客の8割が中国人を中心にした海外旅行客で、彼らは免税の恩恵を受けられる。つまり、「(さらに)8%引き」なのだ。そのため、羅社長は「消費税が上がれば上がるほど、ウチは有利になる」と語っている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140831/frn1408310830001-n2.htm

2014-08-31-k002.jpg

2014-08-31-k003.jpg
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/data_info_listing/pdf/pdf/140117_monthly.pdf

【管理人コメント】

日本の観光客は実はどれほど伸びていない。
大きな問題である。

2013年度で1000万人をこえた。
しかし内訳を見ると韓国人が一番である。
そして台湾に中国と続く。

記事を見る限りは中国人の観光客が増えるのだろう。
2014年がどういう結果になるのか気になる部分である。

韓国人の往来は旅行客にまじって金を稼ぐ連中が多い。
中国人とは大違いである。

韓国と比較しても日本の方が見所は多い。
残念な事に、旅行客を増やす努力が不足している。

日本には年間3000万人は訪れても不思議はない。
もっと海外へアピールすることだ。
内需は高まるだろう。

安倍総理は、旅行外交にも力を入れてほしい。
記事では、2020年に訪日客2000万人達成を目標にしているというが、3000万人とするべきだろう。



関連記事

[ 2014年08月31日 13:55 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp