韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の中小企業132万社、来年末まで税務調査免除

韓国の中小企業132万社、来年末まで税務調査免除

韓国政府が景気低迷で苦境に立つ全国の中小企業132万社に対する税務調査を来年末まで免除することを決めた。不動産規制の緩和、41兆ウォン(約4兆2500億円)の財政出動を通じた大規模景気浮揚策に続き、税務調査でも企業側の事情に最大限配慮し、経済再生に総力を挙げる政府の意志の表れと言える。 韓国国税庁は29日、林煥守(イム・ファンス)庁長が全国官署長会議を開き、年商1000億ウォン(約104億円)未満の中小企業132社に対する税務調査を来年末まで猶予することを決めたと発表した。 これは法人と自営業者の合計508万カ所の26%を占める規模で、飲食、宿泊、運送、建設業など景気低迷に苦しむ業種の大半が含まれる。通貨危機直後に個人で起業した15万人の税務調査が2年間免除されたことはあるが、今回のように中小企業の税務調査が大規模に免除されるのは異例だ。

これは徴税を行う税務当局のアプローチが昨年とは180度転換したことを意味する。昨年には全面的な税務調査で税収を確保しようとしたが、むしろ景気が冷え込み、資金が地下に潜ってしまう副作用が少なくなかった。税務当局は中小企業の税務調査に対する負担を軽減し、経済心理が改善すれば、税収も増えるという好循環を期待している。 中小企業中央会のアンケート調査によると、中小企業の76.3%が昨年下半期よりも今年上半期の経営が悪化したと答えた。景気低迷が続けば、休業または廃業すると答えた中小企業は5社に1社(21.8%)に達した。林庁長は「厳しい経済条件で納税者が本業に専念できるように支援することとした。今回の税務調査猶予措置が国民の経済活性化の足掛かりになると確信している」と述べた。 国税庁は税務調査対象企業のうち、資金難が深刻な場合には、法人税の納付時期を先送りするなどの支援も行う。しかし、大企業の系列企業や風俗店、脱税の疑いが濃い企業などは今回の税務調査免除対象からは除外される。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/30/2014093000672.html

スポンサードリンク
2014-02-22-wa-1.jpg

【管理人コメント】

年商1000億ウォン(約104億円)未満の中小企業132社に対する税務調査を来年末まで猶予することを決めたと発表
記事と題名で桁が違うが…。。。
132万社だろうな…。。。

中小企業の76.3%が昨年下半期よりも今年上半期の経営が悪化したと答えた。景気低迷が続けば、休業または廃業すると答えた中小企業は5社に1社(21.8%)に達した。

来年度はさらに悪化するだろう。
しかもアベノミクスで中小企業が2013年で打撃を受けたはずであるから、2014年度後半は持ちこたえた企業の22%が危険と判断したことになる。
当然その予備軍がいるだろうから、現状はもっと厳しいと見るべきだろう。

2014-09-30-k004_20140930121700157.jpg
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_companytosan

上記は日本企業倒産数の推移である。
日本企業で2013年度で1万社が倒産している。
一ヶ月30日として計算すれば一日27~28社倒産している計算だ。

韓国の中小企業数は日本以上に多いはず。
ウォン高になれば、日本の企業倒産数に近づく…、或いは超えるだろう。

残念ながら韓国の企業倒産数推移が見つからない。
仮に見つかっても漏れが多いために、日本企業倒産数よりかなり低く算出される。

日本の企業倒産数の推移から予測した方が正しいだろう。



関連記事

[ 2014年09月30日 12:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp