韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  レノボ IBMのx86サーバー事業買収 世界3位に

レノボ IBMのx86サーバー事業買収 世界3位に

レノボグループ(聯想集団)とIBMは29日、レノボによるIBMのx86サーバー事業買収に関連したすべての監督管理規定を終え、買収が10月1日に完了する見込であることを明らかにした。完了すれば、レノボは世界3位のx86サーバーメーカーになる。「京華時報」が伝えた。

レノボは今年1月、IBMのx86サーバー事業を買収すると発表。当時明らかにされた買収金額は23億ドル(約2512億円)だったが、このほど最終的に公表された買収金額は約21億ドル(約2295億円)となっている。このうち18億ドル(約1967億円)は買収完了当日に現金で支払われ、残りの約2億8千万ドル(約306億円)はレノボの株式で支払われる。この取引は米国の外国投資委員会(CFIUSC)、欧州連合(EU)、中国の商務部(商務省)の認可を取得済みだ。

レノボが今回買収する業務は、System x、BladeCenter、Flex Systemブレードサーバーとスイッチ、x86ベースのFlex統合システム、NeXtScaleおよびiDataPlexサーバーと関連ソフトウエア、ブレードのネットワーキングおよび保守業務。
System zメーンフレーム、Power Systems、Storage Systems、POWERベースのFlexサーバー、PureApplication、PureDataアプライアンスはIBMが引き続き提供する。

レノボによると、IBMのx86サーバー事業のグローバルチームがレノボの企業レベル業務グループを組み込み、IBMでx86サーバー事業を率いるアダリオ・サンチェス氏もレノボのグループに加わり、企業レベルシステム業務のシニア副総裁に就任してこの事業を引き続き率いていく。第1期事業継承が行われる国・地域(主要市場の大部分を含む)では10月1日に引き継ぎが行われ、これ以外の国でも年内に引き継ぎを終えるところがほとんどだ。ごく一部の国でのみ、2015年初めに引き継ぎが行われる予定だ。(編集KS)

http://j.people.com.cn/n/2014/0930/c94476-8790116.html

スポンサードリンク
2013-11-08-watasi.jpg

【管理人コメント】

中国はIT産業で本格的に力を付けて来た。
PC事業はアメリカから中国へと移行して行く。

OSも次第に移行して行くのではないだろうか?
Windowsも今や不動のOSとは言えないようだ。
Windows互換ソフトが動作すれば、アンドロイドにも他のOSにもチャンスはある。

私はスマホがデスクトップになると考えている。
タブレットはノートPCに吸収されてタブレットPCにすべて置き換わるだろう。

そんな時代は目の前まで来ている。

中国企業の発想は、自由な部分から始まるだけに貴重な発想をする。
技術は真似ても、自社発想は韓国とは比較にならない。

良い方向に向かえば大成功となる。
逆なら倒産となる。

それだけチャレンジ精神が強い国でもある。
高性能で低価格という強みを生かしたビジネスは強力だ。

コンテンツがしっかりすれば負けることは少ないだろう。
それだけに仕事もやり甲斐がある。

国自体が不完全であるから、心配な部分はあるが、何より人口が多く人が余っている。
人という大きな強みがあるだけに、大企業化になり業績も上がるだろう。

今後の中国には個人的に非常に興味がある。
是非OSも革新化を図り、CPU分野にも進出して欲しいものだ。

そろそろアメリカから中国へ移行しても良いだろう。
不動のアメリカはどうなるのか?

アメリカも転換期という壁を、いずれ乗り超えなければならない時が来るのだろう…。



関連記事

[ 2014年09月30日 20:55 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp