韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  民主政権“負の遺産”太陽光発電のリスク

民主政権“負の遺産”太陽光発電のリスク

大手電力5社は、9月下旬から停止している再生可能エネルギーの買い取り手続きを再開する方針を固めた。「発電を開始しない施設の認定取り消し」や「太陽光発電からの送電を中断する制度の拡大」などの供給制限策の導入を条件に、まず九州電力が年内にも受け入れ再開を表明する。 この再生可能エネルギーの買い取り制度は、民主党政権の「負の遺産」のひとつ。東京電力福島第一原発事故直後のパニックから、原子炉をすべて止めて、「再生可能エネルギーの割合を20%にする」と言い始め、その普及を促すため、高額で太陽光電力などを買い取る政策をとった。

2012年7月、大手電力会社に太陽光、風力、地熱、中小水力、バイオマスの5つの電力を一定の固定価格で買い取ることを義務づける制度を導入した。当初、太陽光が1キロワット時約42円、風力で約23円だった。発電コストを大きく上回るということで、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を中心に事業への参入が急増した。そのすべてを受け入れると送電容量を上回ってしまう。そこで、電力会社が新規受け入れを中断したわけだ。 

参入業者は、電力会社は20年間、高価格で買い取ってくれると思い込んでいる。だが、こんなことをやっていては、いくら交付金を出しても間に合わない。再生可能エネルギーに要したコストは電気料金に上乗せされ、消費者の負担がますます増えることも考えられる。 さらに問題なのは、地熱や風力発電設備などに比べて簡単に建設でき、価格も非常に高めに設定された太陽光が、全体の9割を占めたことだ。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141130/dms1411300830004-n1.htm

これだけ太陽光ばかりになってしまうと、太陽がガンガン照ったときには送電網の受け入れ容量を超える電力が集まり、逆に太陽が照らなくなったら、大規模停電が起きる恐れもある。送電網の安定性が保てない。そうなると、供給制限のほか、発電した電気をためる蓄電池の整備などが必要になってくる。 こうしたことを技術的に検討し、先行するドイツの例なども参考にして慎重な政策を繰り出すべきだったのに、民主党政権は極めて拙速に再生可能エネルギーの買い取り制度を導入してしまった。20年間価格を保証する、という硬直的な法律を導入してしまった。

スポンサードリンク
2014-11-30-k005.jpg

当時、私は民主党の幹部に稼働率が乱高下する再生可能エネルギーに過度に依存することはコストもリスクも高く、現実的ではない、と資料を作成して説明した。だが、彼らは安易に「余剰が発生すればバッテリーに蓄えておけばいいだろう」と考えていた。「そのような大規模なバッテリーは存在しないし、仮に現状のバッテリーで全量を蓄えようとすると、40兆円以上の投資となりますよ」と言ったのだが、彼らにはまったく理解できなかった。 自民党の電力政策もよくないが、だからといって民主党に戻ってほしいという気持ちも起きない。その最大の理由は、福島への対応と、再生可能エネルギーに対する科学的根拠のない“憧れ”から変な制度を導入したこと。「再びあんな素人じみたことをされたらたまらない」という思いしかない。選択肢のない選挙戦突入で、突如古傷がうずく思いだ。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141130/dms1411300830004-n2.htm

【管理人コメント】

私は太陽光発電は場所だけとって、土地のムダ使いだろうと考えます。
何故国が日本の住宅の屋根を利用した政策を実施しないのか?

個人で太陽光パネルの設置とかは値段も高いし難しい。
基本的に住宅の屋根を貸す代わりに太陽光パネルを無償で取り付け、国が電気料金へ補填する様にしないと本格稼動できないのではと考えます。

将来できるだけ早いうちに原発稼動率を低くしたいなら、住宅の屋根を貸し出すことです。
その代わりに太陽光パネルと設置は、国が委託した民間企業が実施し、屋根に設置した家の電気料金緩和に繋げないと広まらないでしょう。

強度もあるので、基準を作らないとなりません。
場合によっては取り付けが出来ない家も出てくる可能性がある。
それは仕方がないわけで、取り付けられない家の電気料金は現状維持し差別化を図る必要がある。



関連記事

[ 2014年11月30日 13:30 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
太陽光発電と風力発電、どちらも水素製造と
タイアップを考えてますね。
実用化はいつになるのか、ずっと我慢なのか?
今は原油が安いが、いずれ高くなるのは間違いない。
[ 2014/11/30 18:20 ] [ 編集 ]
負の遺産。。。その通りです!
先ずは、この政策大間違いです!

買い取り制度、誰が買い取るの?。。。結局、民間企業と我々一般国民でしょ!

実は自分も火力に従事してるので(自家発なんですけど)。。。説明会には何度も足を運びました。
実はこれ、ドイツを真似て作った政策なんだけど、ドイツでは4、5年前から国民から、「賦課金によって電気料金が倍近くなった。」とクレーム来てた政策なんです。
だから、今ではフランスから原発の安い電気を購入して、国民の負担を押さえています。。。まあ、ふざけているんだけど、これも隣国と陸続きだから出来る話ですよね(笑)。。。

今年の4月から、二年目にして、その賦課金が二倍強となりました。。。まだ、企業ではkWh当たり80銭ですけれど、自分の企業では、自家発とはいえ、月間300万kWhを電力会社から購入してますので。。。月に約240万の賦課金が嵩むことになります。
これは、再生可能エネルギーが普及すればするほどに、負担が増すことに成ります!

その他にもまだ問題があります。

自分達はある予想を立てました。。。再生可能エネルギー、何が一番手っ取り早く、認定も下りやすいか?。。。案の定、太陽光発電でした。しかも9割は予想以上の驚きですが。。。
太陽光の場合、買い取り価格が、昨年は1kWh当たり42円と火力の約5倍近かったんですからね(今年は38円だったっけ?。。。ちょっと度忘れしました。。。毎年一回見直すんだけど、今年は太陽光だけ見直されたと思ったけど!?)

原発も問題なく稼働すれば、クリーンなエネルギー。。。それに電気の質が安定してますよね!

もし、太陽光発電が原発にとって変わったら、供給のバラツキによって電圧やら周波数やらが不安定になり、特に精密機械工業とか弱電メーカーへの影響は隠せないと思うんですが。。。それに大きくバランス崩すと、継電器が動作してトリップしかねないですからね~!

精度に欠けた民主党政策。。。この負の遺産は結構大きいですよ~!
[ 2014/11/30 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp