韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  業績不振サムスン、六本木の日本法人本社ビル売却検討

業績不振サムスン、六本木の日本法人本社ビル売却検討

サムスン・グループは同グループ日本法人本社が入っている東京・六本木のビル=写真=の保有持分売却を検討している一方で、中国では北京中心部に大型新社屋を建設している。

複数のサムスン関係者は6日、「東京・六本木にあるビルの持分売却を検討している。常駐社員は飯田橋エリアのビルへの移転を考慮している」と語った。

六本木のビルはサムスンが日本進出50周年を記念し2003年に建てた。地上27階建てで、持分はサムスンが57%、三井不動産が43%となっている。六本木にはグーグル、ヤフー、ゴールドマン・サックスといったグローバルな企業が多い。

サムスンが今回、ビル売却を検討しているのは、業績不振に伴うコスト削減のためとのことだ。サムスンは現地ブランドに押され、日本市場攻略の難しさを味わってきた。テレビのシェアは0.1%どまりで07年に撤退しており、スマートフォン分野でもアップル・ソニー・富士通・シャープなどに押されシェアは5-6%程度だ。

しかし、同グループは「中国では北京中心部の朝陽区に地上57階、地下6階建ての新社屋を来年末に完成させ、中国法人を入居させる予定だ」としている。

同グループ関係者は「日本と中国の社屋に対する対照的な措置は、海外事業における現在の実績と将来の展望を反映したものだ」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/07/2015020700406.html?ent_rank_news スポンサードリンク
2015-01-08-sa-1.jpg

【管理人コメント】

サムスン会長には必要だったのだろう。

サムスン副会長は中国依存であるから必要がないだろう。
業績不振以前に入らない物件である。

日本進出50年というのは日韓基本条約時に建てたビルというわけである。
条約を守らない韓国では必要がないだろう。

北京へビルを建て中国法人を入居させる。

サムスンはすでに中国企業ではないのか…。。。



関連記事

[ 2015年02月08日 11:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
前職のときよく行ってましたが…
日本の技術の購入(ヘッドハンティング)に見あわなくなったという事でしょう
それだけキャッチアップに成功してると見た方がいいでしょうね
[ 2015/02/08 12:31 ] [ 編集 ]
飯田橋では(失礼ながら)六本木ヒルズ周辺にあるようなお付き合いすべき企業がないから、事務機能を維持するだけの移転ですね。
[ 2015/02/08 12:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp