韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海外建設収入が4年ぶりマイナス 原油安影響=韓国経済

海外建設収入が4年ぶりマイナス 原油安影響=韓国経済

韓国銀行(中央銀行)は9日までに、昨年の国際収支における建設収入を前年比16.1%減の171億ドル(約2兆350億円)と集計した。2010年(17.7%減)以来、4年ぶりのマイナスとなった。

国際収支の建設収入は、韓国の建設会社が海外建設工事を完成させ発注者から受け取った費用を指す。2010年は119億8000万ドルと減少したが、2011年が154億8000万ドル、2012年が197億1000万ドル、2013年が203億7000万ドルと増加が続いていた。

昨年マイナスに転じた背景の一つに、原油安が影響したことが挙げられる。韓国の建設会社の海外受注は、その半分が中東に集まっている。発注者である産油国の経済が厳しくなれば、発注者は工期延長や設計変更に対する費用負担を認めたがらなくなる。

また、原油安は売上高以上に受注に大きな影響を与えるとの指摘もある。ある専門家は、工事発注者である産油国の財政難が発注の延期や取消し、受注の減少につながりかねないとした。

韓国の海外建設の受注額は、アラブ首長国連邦(UAE)の原子力発電所建設事業を受注した2010年に716億ドルと過去最高を記録し、翌年は591億ドルに減少した。その後は600億ドル台半ばで微増している。

昨年の受注額は660億ドルで、韓国政府の当初の目標700億ドルに及ばなかった。ただ、リビアやイラクなど中東地域の政情不安と、原油価格の下落をはじめとするマイナス要因に照らすと、悪くない成果だったと政府は評価している。

しかし今年は、原油安のために先行きの不透明感がさらに増している。海外建設協会の関係者は「原油安がどれほど続くか予想するのは難しいが、原油安で海外建設受注の減少が懸念されるのは事実」と話した。
聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/02/09/0500000000AJP20150209000200882.HTML

スポンサードリンク
2015-02-09-k001.jpg
http://blogos.com/article/82907/

【管理人コメント】

中東諸国(Middle East)に対する貿易赤字が大きいのは、石油や天然ガスの輸入によるもので、原油価格の変動によって赤字額も大きく増減している。一方、東南アジア諸国(Southeast Asia)に対する貿易黒字は、過去10年以上継続的・安定的に拡大を続けていて、韓国の最大の輸出先となっている。

2015-02-09-k002.jpg

中東諸国に対するサービス貿易黒字は、建設業の請負契約収入が多く含まれる。欧州連合に対する赤字は再保険料が多く含まれる。アメリカに対する赤字はパテント料やライセンスフィーなどが多く含まれるとしている。
http://blogos.com/article/82907/

韓国の問題であるサービス収支という部分は、、今後力を入れないとならないのだが、中東の建設業の収入は多かったようだ。原油価格の下落で大きく低下したと言う事になる。

しかし問題は、建設業界が新興国家の部分で受注をすることで、他の企業が参入しにくい部分を狙ってきた戦略に問題がある。危険な地域でもあるが、日本企業とバッティングしない部分を探っては、ウォン安時代に利益を増やしてきた経緯がある。

韓国という新興国が、より低い新興国から受注をとるしか、韓国にとっては仕事が取れないというわけであるから、サービス収支が先進国からでないと今後の伸びは難しい。自国の建設自体が不正や手抜き工事がはびこる状態で、先進国から受注を取れる技術がない。低価格を武器に新興国から受注してもいずれば底をつくだろう。

他国からの信頼は、新興国へのODAと経済支援が主であるが、新興国などの建設受注の維持は、技術と信頼(外交)がなければ難しい分野である。日本や技術有る他国が参入し、外交も増えれば、韓国の入る隙がない。

今後の大きな課題と言える。



関連記事

[ 2015年02月09日 10:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の建設会社
 韓国の建設会社が、ブルネイのインフラ工事(橋梁建設)を受注したと、韓国メデアが報道した、ブルネイも安物買いをしたものだ。
 過去に韓国の建設会社が、パラオで建設した橋が1996年9月26日午後5時35分頃に、崩落事故を起こした事は有名である、日本の建設会社の入札提示額の半額で落札した、韓国の建設会社が手抜き工事で建設した事が原因であった。
 安ければ良いもではない、正当な入札額(建設会社の利益も含む)を設定出来なければ、安全、安心の物は出来ない、正当な入札額を設定できない?新興国にインフラ工事を価格だけで勝負している、韓国の建設会社が利益を上げるには、手抜き工事しかないのでは無いか。
 中国、韓国の手抜き工事は、有名だ!
[ 2015/02/09 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp