韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  今年の宇宙開発に3740億ウォン投資…韓国型ロケット開発に2555億ウォン

今年の宇宙開発に3740億ウォン投資…韓国型ロケット開発に2555億ウォン

今年、宇宙開発事業に合計3740億ウォン(約400億円)が投資される。2020年を目標に開発中の韓国型ロケット事業に最も多い2555億ウォンが配分された。しかしこのロケットで打ち上げる無人月軌道・着陸船の開発は昨年末の国会で予算が削減され、今年の事業計画に含まれなかった。韓国航空宇宙研究院は機関の事業予算として月探査先行研究を続ける計画だ。

未来創造科学部は8日、予算が前年比17.6%増えた2015年の宇宙開発事業施行計画を発表した。韓国型ロケット事業のほか、人工衛星開発(926億ウォン)・宇宙核心技術開発(239億ウォン)・科学ロケットセンター建設(10億ウォン)などの事業計画がある。韓国型ロケット事業は今年、試験設備4種を構築し、7トンと75トンの液体エンジン試作品を作り、燃焼試験をする予定だ。7月までに第1段階事業評価を終え、第2段階事業に入る。

衛星に関しては多目的実用衛星3A号が来月打ち上げられる。国内最高解像度(0.55メートル)の光学センサーと国内初の全天候赤外線センサーを搭載した衛星だ。政府が輸出戦略型モデルとして進めている次世代中型衛星事業にも今年初めて30億ウォン投資される。

未来部は「持続的に宇宙開発分野に対する投資を広めているが、競争国と比較すればまだ足りない規模」とし「選択と集中を通じて投資に対する効果を最大化する」と明らかにした。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/406/196406.html?servcode=300§code=330

スポンサードリンク
2014-02-18-wa.jpg

【管理人コメント】

経済・社会が厳しい中で、宇宙開発への投資に400億円というのも、借金地獄を気にしない韓国民の性格なのだろうか…。この金額でどれだけの人が救われるのだろう…。

投資にはムダというものがある。
投資の条件というのがあるわけで、条件に合わない投資を投資のムダと呼ぶ。

ムダの排除方法

1 仕掛のムダ排除は 倉庫賃借料の減少及び管理要因の減少による労務削減
2 不良のムダ排除は 変動費減、効率アップによる付加価値増
3 設備のムダ排除は 稼働率向上・サイクルタイム短縮による生産向上
4 経費のムダ排除は 固定費減そのもの
5 管理のムダ排除は 関節人員削減による労務費減
6 設計のムダ排除は VE・コストダウンによる付加価値増
7 人材のムダ排除は 小人設備導入による労務費減
8 動作のムダ排除は 能率向上による付加価値増、性さ案能力大
9 立ちあがりのムダ排除は 短期間立ち上げによる機械損失及び量産試作費の減少

4つの投資

1 新技術の投資
2 人材育成の投資
3 設備の投資
4 厚生の投資

ムダが最初から発生しない仕組み作りをする事を 4つの投資 という

昔のシステムや手法というのは、案外使えるものだと感心する。
入社したときの様々な手法は、40年経過しても基本的な考え方に変わりがない。

韓国は税収と国家予算が日本と比べて遙かに借金が出にくいわけであるから、無駄を省けば借金がなくなるだろう。
普通平均年収の低下は別としても、韓国レベルの国で大企業が外資系であろうと無かろうと、税収と企業の数に貿易レベルを考えれば、経営学を理解している人材なら、赤字になるとは考え無いだろう。

よほどシステムが悪いのか、ムダなことで金を使うのか、歳入と歳出で収益が黒字で、国の借金が200兆円の赤字というのは不思議な国である。



関連記事

[ 2015年02月09日 19:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp