韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の「創客」、学ぶべきは日本の「匠の精神」

中国の「創客」、学ぶべきは日本の「匠の精神」

李克強総理は2015年の政府活動報告の中で、「創客(アイデアを現実に変える人)」という言葉を使った。経済学の角度から見ると、新政策による後押しを受けた中国の「創客」たちは、「ニーズはあるが、技術がまだ存在しない」という問題に目をつけ、新しい製品やサービスを生み出すこともできるし、逆に「技術はあるが、ニーズがまだ存在しない」という問題に目をつけ、既存の製品やサービスから新たな特徴を発掘することで、新しい市場を開拓し、新たな生活のニーズを生み出すこともできる。環球時報が伝えた。(文:馮昭奎・中国社会科学院栄誉学部委員、中国中日関系史学会顧問)

ここで注意すべきは、同じ「今あるニーズ」を満たすための製品・サービスでも、満足させる度合いと水準には大きな開きがあるということだ。当然、消費者はニーズを高い水準で満たしてくれる製品やサービスを好む。近頃日本で買い物をする中国人観光客が激増したことも、この事実を裏付けている。中国人が日本で買って来るのは、何も最先端のハイテク製品というわけではない。「メイド・イン・ジャパン」の多くは非常にシンプルな製品であり、技術的に重大なイノベーションがあるわけではない。「メイド・イン・ジャパン」が消費者を引きつけるのは、メーカーが消費者の立場に立ち、堅実に市場調査を行っているからだ。生産現場を重視し、長年こつこつと技術を磨き続けているからだ。

「一品入魂」の精神でもって商品の質を絶えず高め、力を尽くして良いものを作るプロセスとその結果から喜びを得ているからだ。日本の学者は、このような精神を「匠の精神」と呼び、丹精込めてものづくりをし、数十年を費やして「一芸に秀でること」を目指す中小メーカーを日本の「国宝」と呼ぶ。

スポンサードリンク
日本企業が世界的にも評価の高いブランド製品(最終製品と中間製品を含む)を生産できるのは、長年続いてきた「匠の精神」のおかげだ。筆者はかつて、刃を製造する日本の中小企業を視察したことがある。この企業は1930年代末の創業当時、万年筆のペン先に切れ目を入れるカッターの刃を製造していた。同企業はその後、より薄く切れ味が鋭い刃を製造するため夢中で取り組みを重ね、最終的には紙よりもずっと薄い刃を作り出した。数十枚の刃を一列に並べ、1分間に3万回転させることで、硬い単結晶シリコンを100以上のチップにすばやく正確に切断することができる。その切り口は髪の毛の数分の一だ。これらのチップは携帯電話やパソコン、太陽電池、さらにはミサイルなどに無くてはならない半導体チップの原料になる。

我々は、今ある需要を満たす製品を開発し、さらには新たなニーズを開拓する「創客の理念」を提唱する一方で、すでに生み出された製品・サービスの向上に地道に取り組み、より良くより精錬されたものを作り出す「匠の精神」を提唱する必要がある。中国の持続可能な発展には、「創客の理念」と「匠の精神」という2つの翼が必要なのだ。(編集SN)
「人民網日本語版」2015年3月31日
http://j.people.com.cn/n/2015/0331/c94476-8871427.html

2015-03-31-wa.jpg

【管理人コメント】

人民日報は、数十年を費やして「一芸に秀でること」を目指す中小メーカーを日本の「国宝」と呼ぶと評した。
匠の技に言及するのは珍しい。中国も製造というか、モノづくりの原点を知ろうとしているのだろうか…。

長年にわたって積み上げ、世代を超えて継承してきた業である。
中国人の爆買と因果関係があるかは、現段階では分かりかねるが、少なくとも中国で部品を作っても、製品を作っても日本に逆輸入した時点で。再検査され日本製品に短時間で変えるわけである。意外とそのまま使えない場合が多い…苦笑

設計がしっかりしているために、日本製品へ変えるのはそう難しい事ではない。

純粋な日本製品は、顧客重視という企業方針が基本にあるわけで、様々な商品の中には、大量製品ではなく、一つ一つ手作りの商品も数多い。習得するのにに数十年の修業が必要だ。韓国人にはとてもマネ出来ることでは無いだろう。中国人は何でも仕事にすることから、匠の技の模造を考える可能性もある。

中国人にサービスマン教育を実施すると、基本的には器用である。ものつくりに興味がわく人も多い。台湾で教育した時にも同じ傾向であった。台湾では、目を離すと全部商品を解体される。そこは解体不可だよと言ってもいう事を聞かない。
検査機がないと調整があるので元に戻せないわけである。私はばらされるのを想定をしているので必殺技を出すしかないが、興味津々でみんな集まってくる。見られると困る部分にも関わらず、割り込んで大変な状態と化す。

興味本位なのだろう。中国ではその商品の模造がすく出るから驚く。当時商品の指導で、定期的に交換する消耗品があるのだが、私が供給するパーツを使っていないで、独自商品を開発して、クレームを起こす…苦笑

困ったことだが、模造は自信があるのだろう。

しかし匠の技は単純ではない。手や指に腕と工具が一体となって、人間工具と化す姿は、驚きを隠せない。

マネしてもまねできないと夜中まで練習をする。基本的に真面目であるから、いつかは取得できるのだろう、
従って日本商品の良さとか質とかは興味本位で、細かいところまで聞いてくる。

中国人が日本人からしっかりと指導を受けて教育されれば、製造が十分可能だ。気を付けて監視をしないとすぐ手を抜きたがるから注意が必要だが…。。。

韓国人と比較したら天と地の差ではないか~。



関連記事

[ 2015年03月31日 14:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
物真似
日本も酷かった、私が最初に知り合いに譲ってもらった車がトヨタの パブリカ ディスクブレーキではなくドラムブレーキ ブレーキをかけると車体が右にずれる・・汗

他にも途中でエンスト 原因は ガソリンメーターの故障とか ヒューズ切れとか。 さすがに山の中でエンストすると大変なことに・・汗

今の日本車とは大違い・・爆  


彼らもやれば出来るのだけどね、下手な日本人よりも覚えようとする努力は認める。 

[ 2015/03/31 15:51 ] [ 編集 ]
トヨタの パブリカ 
ねこ様

いつもコメント有り難うございます。
トヨタの パブリカって…、私の父親が初めて中古で買った車ですからね。
私が子供の頃の話です。

失礼ながら、ねこ様は私よりお若いでしょうに、どこから手に入れたのでしょう。
懐かしい名前の車でしたので、ついコメントしました。

管理人 MON 
[ 2015/03/31 19:01 ] [ 編集 ]
初めての車
>管理人様

私は昭和27年生まれです・・汗・・若いとは言えないのですが・・

昭和46年に免許証を取り 知り合いからパブリカを2万円で譲ってもらいました。
私にとりまして初めての車 すっごく思い出深く私の宝でした。

[ 2015/03/31 21:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp