韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国外相、米中間でのかじ取りに自信感

韓国外相、米中間でのかじ取りに自信感

韓国外交が試練の時を迎えている。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍への配備問題に続き、中国が主導する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への参加、旧日本軍慰安婦問題をはじめとする韓日の歴史をめぐるあつれきなど、韓半島(朝鮮半島)を取り巻く外交懸案が一度に表面化しているためだ。韓国国内では、韓国が米中日などの大国の板挟みになっているという「外交的危機論」がある一方で、大国同士の覇権争いの中で自国のポジションが高まっているとの主張も聞かれる。米中を両翼として活用できる新たなチャンスが訪れているというのだ。

30日の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部(省に相当)長官の発言は、こうした論争を再燃させた。尹長官はソウルの外交部庁舎で行われた在外公館長会議の開会式で「われわれの戦略的な価値により米中の双方からラブコールを受けていることは、ジレンマではなく、祝福たり得る」と述べた。韓国政府はこれまで、中国主導のAIIBへの参加や米国のTHAADの国内配備問題をめぐり、戦略的にあいまいな態度を取ってきたが、尹長官はこれに対する批判に真っ向から反論したわけだ。

尹長官は「韓米関係と韓中関係を同時に最上の状態で維持することは困難だと思うかもしれないが、アジア太平洋地域は中国と米国の両方を受け入れられるほど広い」「AIIBへの参加決定はハイレベルな外交力が発揮された代表的なケースだ」などと述べた。また「国内の一部で、19世紀的な、あるいは冷戦時の考え方で、韓国についてクジラ(大国)のケンカのエビだとか、(大国に挟まれ)サンドイッチ状態にあるなどと表現する傾向がある」と指摘し「国益の観点から正しいと最終的に判断すれば、振り回されずに推し進めていくべきだ」と強調した。米中の覇権争いの中で、国益に立脚したバランス外交を進め、韓国の外交的なポジションがむしろ高まっているとの趣旨の発言だった。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版  ペ・ソンギュ記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/31/2015033101654.html

スポンサードリンク
2015-03-26-k009.jpg

【管理人コメント】

この男にそれほどの裁量はないだろう。
ほどほどに使われて終わりではないのか…。

韓国は中国外相を怒らせたことで、アジア・インフラ銀行への参加表明を慌てて実施した。
中国側へ配慮したことで、韓国はTHAADを導入するだろう。

THAADを導入すれば、アメリカに配慮することで…、丸くおさまるのではないか…。

韓国政府は、アジア・インフラ銀行へ出費するわけであるから、THAADについては、何か中国側が韓国に宿題を与えるだろう。中国は承諾せざる負えないだろうと考えるが…。

尹長官が米中間のかじ取りができれば苦労はない。



関連記事

[ 2015年03月31日 15:03 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
基本はスルーで
韓国の人と仕事の話をしてると 何でも出来ますとか言われます。

そこで○○の仕事できますか? と聞くと 教えて頂ければ出来ますとの答えが帰ってきます。
そこでお金頂ければ教えられるんですがと言うと そこで話が途切れてしまいます。

無理でもなんでも やろうとの姿勢はある意味良いのですが 出来もしないことを出来ますと言うのが問題を複雑にさせます。

米中間でのかじ取りに自信感 ←ではお手並み拝見と 私なら言います。
[ 2015/03/31 15:23 ] [ 編集 ]
朝鮮人に熱い血は期待できるか
日本でも中国やソ連にすり寄って失脚された政治家が何人かいる、今のアメリカの指導者はおとなしい、イコール国自体が元気がない、経済が悪いとはこうなる、アメリカ経済は相当悪いとみた、でなければ黒人が、大統領になることなどない、また黒人だけに余計なこともできない、このまま8年間終わることでしょう
力のないアメリカを見越して、西側諸国も雪崩をうって、共産主義者にすり寄りつつあり黄色信号が出だした、あの強力だったレーガン政権がなつかしい、あの時のアメリカ経済もは最悪だった、しかし時のソ連を崩壊させた、アメリカは強大だった。そしてよみがえった
南朝鮮もしかり、この上記に写っている外相以下パククネ政権全員の首をすげ変えないと大変なことになりますよ、 大国は今、大使襲撃事件以後悟りつつある、だから安倍総理のアメリカでの国会演説を許可した。
日本人にも八方美人はいる、外交安全保障にそれはない,民族の存続が関わるからである、

[ 2015/04/01 07:31 ] [ 編集 ]
単に自画自賛
もうアメリカは韓国を北の壁とTHAADの発射台にしかみないでしょうから、THAADも韓国が主張する、中国に届かないものを設置してくれればよいと思っているでしょう。

ただし有事(あるいは隠密で平時)には中国に届くものにすげ替えるでしょうし、それによる韓国への迷惑(中国からの報復)は、一切考慮しないでしょう。

また、大使の件も考えると、ここまでふざけた連中のために、北の侵攻に際し米兵の血を流すことを米国民が納得するか。段々疑問に思えてきました。

19世紀の欧米列強の進出に小手先の政治芸と両天秤で応じ、最後にはどうにもならなくなったアジア諸国の売国政治の再現を見ているようです。
[ 2015/04/01 10:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp