韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  陸山会事件:小沢氏側の抗告棄却! 最高裁が決定!!

陸山会事件:小沢氏側の抗告棄却! 最高裁が決定!!

2010-11-25-ozawa.jpg

民主党の小沢一郎元代表が国を相手取り、自身に対する東京第5検察審査会の起訴議決の取り消しなどを求めた行政訴訟に絡み、強制起訴手続きを停止するよう訴えた申し立てについて、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は25日付で、小沢氏側の抗告を棄却する決定を出した。小法廷は「起訴議決の適否を行政訴訟で争うことはできない」との初判断を示した。これにより、行政訴訟も却下される見通しとなった。

小沢氏側は、小沢氏からの借入金4億円の記載がないことを「犯罪事実」に追加した起訴議決は違法だと主張。審査会の議決は行政訴訟の対象とならないとした最高裁判例(66年)があったが、「09年5月に強制起訴制度が導入される前の判例で適用外だ」として提訴した。

同時に判決が出るまでの間、議決や検察官役の弁護士の指定の効力を停止するよう申し立てたが、東京地裁、東京高裁が申し立てを退けたため、特別抗告と許可抗告の手続きを取っていた。

決定で小法廷は「検察審査会の起訴議決や検察役弁護士の指定の適否は刑事裁判で判断されるべきだ」と指摘した。行政訴訟の第1回口頭弁論は来月21日に東京地裁で開かれるが、今回の決定は最高裁判例として地裁の判断に影響を与えることになる。

小沢氏の弁護団は「門前払いの判断で、裁判を受ける権利と司法の権威からみて誠に遺憾」とのコメントを出した。今後は強制起訴後の刑事裁判で起訴手続きが違法だと主張するとみられる。

(読売新聞)



政治と金…。。。
小沢氏がこの状態だと民主党は動きがとれない…というか彼らにとっては平和というか…。。。

長引けば小沢氏の政治生命が短くなる為、民主党を壊して新しい党を作るか?
壊して引退するか?

余りよい状況ではないですね?。。。

管総理と変えて一度は民主党で、日本の総理となって実力を見てみたいのだが…。。。



小沢一郎 虚飾の支配者小沢一郎 虚飾の支配者
(2009/07/09)
松田 賢弥

商品詳細を見る


小沢主義 志を持て、日本人 (集英社文庫)小沢主義 志を持て、日本人 (集英社文庫)
(2009/12/16)
小沢 一郎

商品詳細を見る


小沢一郎 嫌われる伝説小沢一郎 嫌われる伝説
(2009/11/30)
渡辺 乾介

商品詳細を見る



[ 2010年11月25日 20:43 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp