韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  韓国が「独島は朝鮮の領土」 と言うには理由があった!!

韓国が「独島は朝鮮の領土」 と言うには理由があった!!

2012-08-29-korea-5.jpg

新しく公開された資料は文部省が制作した「小学地理用新地図」(1905年)、文部省が検定した「日本史要」(上巻、1886年)、「小学地理」(1・2巻、1900年)、岡村増太郎編纂「新撰地誌」(1巻、1887年)、大槻修二著「日本地誌要略」(1・4巻、1878年)など教科書5冊と青木恒三郎著「分邦詳密日本地図」(1888年)、東京開成館制作「標準日本地図」(1925年)など地理付図2点。

スポンサードリンク
2012-08-29-korea-2.jpg

日本は1905年2月22日の島根県告示の前にも独島(ドクト、日本名・竹島)を認知し、実効的に支配したと主張している。今回の資料はこうした主張の虚構性を明らかにしている。1905年の日露戦争当時に日本が独島を強制的に占領する前には、独島を日本の領土と認識していなかったことを示している。

1887年に出版された「新撰地誌」では、独島が韓国(朝鮮)領土に含まれている。鬱陵島(ウルルンド)と独島がともに韓国の領域であることを表わす横線の中に含まれ、隠岐をはじめとする日本の領土は横線で表示している。

2012-08-29-korea-3.jpg

1905年版「小学地理用新地図」には「文部省著作」という表示が見える。最初に掲載された「大日本帝国全図」には、琉球の付属島はもちろん、1894年から植民化した台湾も表示されているが、東海(トンヘ、日本名・日本海)の領土は隠岐までが表示され、独島はない。これに対し1925年の「標準日本地図」では、鬱陵島は慶尚北道、独島は島根と所属を明示した。

キム・ヨンダル独立記念館首席研究委員は「今年6月に日本古書店で収集した資料。日本は1800年代後半まで独島に対して領土意識がなかった。1905年以降から地図に独島が表記され始めたことを見せている」と述べた。

2012-08-29-korea-1.jpg

◇日本人も「独島は韓国領土」地図公開=日本でも独島が韓国の領土と解釈できる地図が出てきた。大阪の古地図収集家の久保井規夫氏(70)は日本内務省が1880年に制作した「大日本国全図」と教科書の地図を公開した。この地図は沖縄など自国の島を詳細に載せているが、鬱陵島と独島は表示していない。

2012-08-29-korea-6.jpg

(中央日報)


逆に日本には、竹島は日本の領土という文献が明確に残っているのか??
個人的に調査を実施してみたいが…。。。

日本にも文献があると仮定して、過去の文献が証拠として扱うならば、竹島問題は難しい。
いつ何処で誰が決定した文書で線引きするのかが焦点となる。

いずれも外交として決定しなければならないが…韓国が自国の領土というのも理解できる。
日本政府はもっと調査・勉強し、日韓両国の専門家チームを結成し論議して行くべき内容なのかもしれない。

(News速報.com)



★いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」 の詳細はこちら!




関連記事

[ 2012年08月29日 20:55 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp