韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  「独島は韓国領」との信念貫く日本人教授!!

「独島は韓国領」との信念貫く日本人教授!!

2011-08-16-takesima.jpg

歴史学者の内藤正中・名誉教授は、島根県との縁が深い人物だ。島根県といえば、独島(日本名:竹島)を「県の区域に属する」と主張し「竹島の日」を制定した県だ。同じく歴史学者だった内藤教授の父親はこの地で生まれ、内藤教授もまた、同県の地域経済史の研究に打ち込み、国立島根大学の教授を務めた。同大は業績を認め、名誉教授の称号を授与した。そんな内藤教授が故郷に背を向けるというのは、人間的に容易なことではなかったはずだ。しかし内藤教授は、独島についての研究を始めて以来「独島は日本の領土ではない」という主張を曲げていない。

スポンサードリンク
2008年に記者と会った内藤教授は「独島に関する史料を研究し『これ(日本の主張)は事実ではない』と確信した」と話した。だが、学問の世界には常に「曲学阿世(学問の真理に背いて時代の好みにおもねり、世間に気に入られるような説を唱える)」の誘惑が付きまとう。官学(政府が認めた学問)の伝統が根強い日本では、学界が先頭に立ち、権力の罪悪を美化してきた前歴がある。内藤教授と同じ史料を研究しながらも「竹島は日本の領土」と結論付けた元外務官僚の川上健三氏の研究は、そのような時代の産物といえる。

京都大大学院で経済史を専攻した内藤教授は「京大出身なので、権力に素直に従うことはしない」と語った。京都大は名門国立大学だが、権力に従順なエリートを養成する東京大とは異なり、時の流れに抵抗する学風を守ってきた。そのため、批判的な人文科学の力が強く、また東京大よりも多くのノーベル賞受賞者を輩出した。

内藤教授は08年、政府から「瑞宝中綬章」という勲章を贈られた。内藤教授は「文部科学省の官僚が(私がどんな主張をしているのかも)知らないで授章を決めたようだ。勲章を授与する天皇陛下は独島についてどんな考えを持っていらっしゃるのか気になる」と笑いながら話した。このようなコメントは当時「日本は天皇から官僚に至るまで、独島について真剣に研究していない」という意味に解釈された。

東京特派員を務めていたとき、日本の若手政治家たちと会う機会があった。現在、与党で中心的な勢力へと成長した人たちだ。政治家たちは「独島問題は歴史問題だ」という記者の話を理解できていないという印象を受けた。「河野談話」がどのような苦悩と省察の末に生まれた遺産なのかも考えていないように思えた。歴史についての質問も嫌がった。知的な深みがなければ、行動も軽薄になる。そのため、先輩が残した偉大な遺産を粗末に扱った末、ごみのように捨ててしまう。

日本が歴史に対し真剣な姿勢で臨んでいたならば、今よりもはるかに立派な国になったことだろう。韓国は軍事的な結束を含め、より多くの利益を日本に与えただろう。だが残念ながら、日本の若い指導者たちは、記者の言葉がどのような意味なのかも分からないはずだ。そんな指導者たちに、外国人の口から「尊敬される国を作れ」と言うのも差し出がましく、退屈なことだ。実際、韓国と日本が協力し、共に発展してきたのは、過去1000年の間でほんの数十年のことだ。長い歴史を見ると、現在の韓日関係は「特別な時代」から「普通の時代」に戻っただけといえる。

内藤教授は「東海(日本海)が静かになるほど、独島の価値を強調しないほど、韓国にとって有利になる」と語った。1905年、日本が独島を奪ったのも、東海が戦場になったことで、独島の軍事的な価値が高まったことが直接的な理由だった。韓日関係がいくら変化しても、このような戦略は効力を有している。命をささげる以前に、知恵をもって独島を守ることが最善の道だ。歴代の大統領が独島を訪問しなかった理由を考えてみよう。それは、独島を訪問した大統領よりも深い苦悩があったからだ。

(朝鮮日報)


2011-08-09-takesima.jpg

日本にも竹島は韓国の領土とする学者が居るわけですか…。
そもそもこのサイトで掲載した文献でにおいて、韓国の領土である事をうかがわせる証拠がある事等を考慮すると韓国側の主張は理解できる。

日本は過去の文献よりは協約による文書を証拠扱いとしているようだ。

どちらが正しいのかは賛否両論だろう。

協約というと韓国と日本で取り交わされたものではない。これだけで考えると私は日本はあまりに第三者国を優先しすぎている気がする。

韓国と日本は確かに近年協力態勢にはあるが、もとは日本が侵略したわけで、韓国においては日本が過去の過ちを正すことと、領土においては両国間で決めるべき問題と考える。

韓国大統領の発言は、”間違ってはいないが正しくはない”と言う位置付けである。

日本の対応は”正しくはないが間違ってはいない”と言う表現となる。政治の世界の戦略として使用できる部分は使用すると言う事である。

だが問題なのは…韓国大統領の天皇陛下に対する言葉や竹島上陸という行為に”ただ遺憾に思う”だけで政治的行動(外交)を起こしていないと言う事。
とくには竹島は日本経済にとって国としてどの様な方策を持っているのか?
上記は全くと言ってよいほど無策と言える。

国の方策無くして相手の国と外交は出来ない。と同時に外交は両国に有益である事が解決の糸口となる。

韓国と日本とで領土と言う事については、明確に線引きする時代へ突入しただけに、友好的に決める事が経済の安定化につながるだろうと考える。

個人的には竹島は両国共有の場所とし、日本または韓国が両国の安全のために軍を配備し監視する。
また資源においては両国で調査団を作り、有益に活用する手段を両国で模索する。

ただし自然保護の観点から海を汚染させること及び著しい漁場としての乱獲を禁止する。


とすればどうだろうか…? あくまで個人的意見である事を添えておく

(News速報.com)



★国境の島を発見した日本人の物語 の詳細はこちら!




関連記事

[ 2012年08月30日 19:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp