韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本って本当に少子化なの?日本を訪れて子どもの数に驚いた中国人

日本って本当に少子化なの?日本を訪れて子どもの数に驚いた中国人

少子高齢化が叫ばれる日本。厚生労働省によれば、2014年の日本の合計特殊出生率は1.42となった。合計特殊出生率は1人の女性が一生の間に生む子どもの数に相当する数値だ。

長期的に人口を維持するためには、合計特殊出生率は2.07以上が必要との見方がある。日本の数値は人口維持に必要な水準を下回っているため、大人に比べて子どもの数が少ないということになるが、中国人が日本を訪れると「日本は子どもが多い」と感じることもあるようだ。

中国メディアの澎湃新聞はこのほど、日本を訪れた中国人による手記を掲載し、同中国人が「日本滞在中にもっとも深く印象に残ったのは、複数の子どもを連れた日本人家庭が多かったこと」だと主張し、少子化が叫ばれる日本は「とても少子化が進んでいるようには見えなかった」と論じた。

スポンサードリンク
記事は、日本は世界的に見ても少子化が深刻な国の1つだと伝え、総人口も減少を続けていると指摘。日本の出生率が回復しないかぎりは日本の人口は2050年には1億人を割り込むとの一部試算もあり、日本の国としての将来性について「非常に厳しく、少子化という問題を過小評価する人はいないだろう」と論じた。

一方で、同中国人が日本で実際に目にした光景からは「少子化が深刻だとはとても思えない」と主張。家族連れの日本人が多い場所だったのかもしれないが、多くの日本人が1人以上の子どもを連れていたとし、子どもの数だけを見ればむしろ中国のほうが少子化に見えるほどだと論じた。

2016-01-31-k001.jpg

続けて記事は、日本では子どもの数が多く見えるにもかかわらず、それでも出生率が低いのは「結婚しない人」が増えていることが理由の1つだと指摘している。内閣府によれば、50歳時点の未婚率である生涯未婚率は男女ともに近年は上昇傾向にあり、2010年の男性の生涯未婚率は20.1%、女性は10.6%に達している。1950年の生涯未婚率は男女ともに1.5%程度だったことを考えれば、その上昇ぶりには驚くばかりだ。また、晩婚化も日本で少子化が進行する理由の1つに挙げられるだろう。
サーチナ (編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1601227?page=1

【管理人コメント】
中国と比較すればそう見えるのだろう。
それでも日本も結婚しない人が増えている。
結婚もブームがあるのだろう。 
とは言え社会環境作りは不可欠だ。



関連記事

[ 2016年01月31日 09:19 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
私の住んでる辺りは、ベッドタウンですし小中学校の通学路に当たりますから、比較的子供の姿は見かけますが、それでもガチンチョが徒党を組んで、青洟垂らしながら駆けずり回るなんて景色はなくなりました、赤塚不二夫マンガに出てくるような、土管が置いてある空き地もなくなりましたし、神社に付随する児童公園にも人影は薄くなりましたね、小川は側溝に変わり、雑木林は宅地になり、市街化調整区域の田畑もホームセンターとスーパーとその駐車場です、それでもまだ春秋には町内運動会をやってますし、夏には盆踊りや、冬には地場の神社への初詣も残ってますから、贅沢は言えませんね、野良犬、野良猫、イタチも昔は出たんですけどね、カラスだけは相変わらずなようです。
[ 2016/01/31 18:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp