韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  仕事中毒の韓国人に改善の兆し 働く時間は減り、睡眠・食事は増える

仕事中毒の韓国人に改善の兆し 働く時間は減り、睡眠・食事は増える

睡眠、食事、風呂など、個人の生存に必要な「必須時間」が少し増え、仕事や家事労働などに使われる「義務時間」が少し減るなど、15年間に「仕事中毒」韓国人の生活パターンにも若干の変化があったことが明らかになった。 しかし、韓国人の60%は相変らず時間が足りないと感じていることが分かった。

20日、統計庁が発表した「韓国人の生活時間変化像」によれば、10歳以上の国民が睡眠、食事、個人の健康管理などに使う必須時間は2014年基準で1日平均11時間14分で、調査を始めた1999年(10時間18分)と比較すれば56分増えたことが分かった。 仕事、家事、学習、移動などに使われる義務時間は7時間57分で、1999年(8時間52分)より55分減った。 義務時間の中でも仕事をする時間が3時間43分から3時間16分に大幅に減った。 「仕事中心」から「個人中心」に時間配分が移動していると解釈される。 余暇時間は4時間49分でほとんど変動がなかった。

在宅時間も増えた。 2014年の平均在宅時間は14時間59分で、1999年(14時間35分)より24分増えた。 家事労働時間については、男性が平日39分、土曜日1時間1分、日曜日1時間13分を割いていることが明らかになった。 1999年基準の平日30分、土曜日35分、日曜日47分と比較すると増加傾向がはっきり感じられる。 しかし家事の公平な分担にはまだ遠い状態だ。 女性の家事労働時間は平日3時間25分、土曜日3時間37分、日曜日3時間33分と調査された。 女性の家事労働時間は1999年と比較して30分程度ずつ減ったが、依然として男性に比べ絶対的に長かった。

スポンサードリンク
20歳以上の就業者が仕事のために移動する時間は、首都圏では1時間36分で非首都圏(1時間11分)より25分多かった。 子供たちが学校に登下校するのにかかった移動時間は、小学生59分、中学生1時間5分、高校生1時間9分で、学年が上がるほど長くなった。 この他にも10歳以上の国民がテレビを視聴する時間は平日1時間53分、土曜日2時間31分、日曜日2時間51分と調査された。 1999年と比較してそれぞれ平日29分、土曜日21分、日曜日42分減った。 本を読む時間も減り、平日6分、土曜日8分、日曜日9分を記録した。 一日10分以上本を読むと答えた比率も、平日9.7%、土曜日10.2%、日曜日10.9%に過ぎなかった。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23932.html

2014-02-22-wa-1.jpg

【管理人 補足記事&コメント】
2015年、休暇の消化日数が最も少なく精力的に働いているのは韓国人だった。韓国の労働者は年間15日の有給休暇があるにもかかわらず、消化日数は平均でわずか6日間だった。韓国人回答者では67%が有給休暇の完全消化に罪悪感を覚えると答え、その理由を上司の理解が得られないためとしている。 これに対し、ドイツ、フランス、スペイン、フィンランド、ブラジルの労働者たちは、ほぼ全員が約30日間の年次有給休暇を完全消化していた。一方、米国の労働者は、年間15日の有給休暇のうち4日間が未消化のまま消滅していることがわかった。同様にカナダの労働者も年次有給休暇の日数は平均15日だが、ほぼ全日数を消化している。

私の年代では企業入社時から精密機器製造部門と言う部署が流れ作業が一般的で、有給休暇は有って無いようなものであった。挙句にラジオ体操やら、○○10則を順番性で朝礼時に語ったりと、軍隊の様でもあったが…。 いつしか労働省から指導が入り、いまから20年程前には製造部門も、有給という部分で随分と楽になった。 だが、私を含めて有給の使い方が??なのである。妻は働きに出て、家には誰もいない。休みとはいえ、子供と時間は合わせないし、何とも有給休暇の使い方が下手であったのを記憶している。



関連記事

[ 2016年04月21日 09:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp