韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本を訪れ、日本に移民したいと願う人まで…中国人はどう思っているの?

日本を訪れ、日本に移民したいと願う人まで…中国人はどう思っているの?

日本政府観光局によれば、2016年に訪日した訪日外客数2403万9700人のうち、中国人は全体の26%以上の637万3564人に達した。日本を旅行で訪れる中国人の数は毎年増加しており、16年の伸び率は前年比27.6%増であり、17年1ー10月も前年同期比12.9%増となっている。

訪日経験の有無にかかわらず、中国人たちは「訪日中国人が増加している事実」をどのように受け止めているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を旅行で訪れる中国人が増え、なかには「日本に移民したい」と願う中国人までいることを紹介したうえで、この事実を中国人としてどう受け止めるべきかを議論する記事を掲載した。中国では「日本を旅行で訪れ、日本で消費を行うことは日本に利益をもたらす行為であり、中国人として非愛国的な行為である」という論調が存在する。なかには「中国人の消費が日本の税収につながり、それが日本の軍備拡張につながり、結果として中国のリスクにつながる」という論調まであるのが現状だ。

こうした論調に対し、日本を訪れたことがあるというユーザーからは「日本は美しく、そして販売されている商品の質も高く、またサービスの質も高い」という指摘とともに、日本は訪れる価値のある国だという意見が寄せられた。また、中国では日本に対する理解が不足しており、好奇心から日本を訪れるのは正常なことだという意見も多かったが、「何度も日本を訪れたり、日本に移住したりするのは反対」という声も少なからず見られた。

スポンサードリンク



一方、日本を訪れたことがないというユーザーはやはり、他の中国人が訪日することにも反対のようで「日本を訪れるのは歴史を忘れた気骨のない人ばかり」という声が多かった。また、「日本に対する情報収集と日本の優れた点を盗み取るためならば、日本を訪れても良い」という意見もあり、反日感情を抱いている中国人はやはり日本旅行そのものにも反対していることが見て取れた。
http://news.searchina.net/

中国では富裕層が欧米諸国に移民するケースが増えている。米国やカナダ、オーストラリアが人気の移民先のようだ。移民の目的は人それぞれだが、共通しているのは中国より暮らしやすい国で生活したいという願望だ。 日本は永住権を取得するためのハードルが他国に比べて高い。実際に日本に移民する中国人は多くはない。日本に移民したい、あるいは日本で暮らしたいという中国人の声は少なくないという。

中国人が移民を考えるほどの「日本の良さ」について、15の項目を挙げて紹介している。「青空(環境の良さ)」「街が清潔であること」「静かで快適なこと」「治安が良いこと」「公共の施設が整っていること」「交通機関が時間に正確なこと」「サービスが行き届いていること」など、これまでにネットユーザーの日本旅行記などでたびたび紹介された内容のほか、「濃密な文化的雰囲気が漂う」「法定休日が多い」「医療環境が良い」なども挙げている。

いつもごみが少ない街、高齢者や子ども連れに配慮した公共施設、自転車に鍵をかけなくても安心な治安の良さ、礼儀正しい人々、和服からコスプレまで多種多様な文化などに中国人は心打たれるようだ。「本当に称賛すべきは物質面ではなく精神面。日本人の少しもゆるがせにしない真摯でまじめな姿勢である」としている。

関連記事

[ 2017年11月28日 17:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp