韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国、文大統領を冷遇 「格下扱い」に懸念広がる

中国、文大統領を冷遇 「格下扱い」に懸念広がる

中国を国賓として訪問中の韓国の文在寅大統領を、習近平政権が冷遇している。懸案の初訪中を果たした文氏だが、韓国側からは、習氏は今後も「韓国を格下とみる外交政策を駆使するのでは」(朝鮮日報)との不安の声が上がっている。

13日、北京の空港で文氏を出迎えたのは中国の孔鉉佑外務次官補(朝鮮半島問題特別代表)だった。「昨年秋のフィリピンのドゥテルテ大統領の際は王毅外相が出迎えた」などと、14日付の韓国各紙はその冷遇ぶりを驚きをもって伝えた。

空港には駐中国の盧英敏(ノ・ヨンミン)韓国大使の姿もなかった。南京で開かれていた「南京事件」追悼式典に、中国側の招待で出席していたからだ。自国の大統領よりも中国の行事を優先したのは「文大統領の指示」とされるが、韓国側のジレンマはそれだけではなかった。

「われわれ韓国人は、中国人が経た苦しく痛ましい(南京)事件に深い同質感を持っている」。 中韓関係筋によると、北京入り後の文氏のこの言葉も、「日本への非礼にならないか」との懸念があったものの、中国への配慮が勝り発言したのだという。

スポンサードリンク



韓国側が中国にここまで気を使うのは、今回の訪中を成功させて、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備問題で悪化した中韓関係の修復をアピールしたい思惑があるためだ。一方、文氏を迎えた中国側の事情は異なる。「THAAD問題は区切りがついた」と都合良く解釈する文氏の頭を冷やし、「日米韓の協力を軍事同盟に発展させない」などの“約束”を守るよう直接、くぎを刺す機会ととらえている。 厚遇する必要のない中国側は、調整されていた李克強首相と文氏の昼食会も結局受け入れなかったと韓国メディアは伝えている。
http://www.sankei.com/

中央日報は、文在寅大統領が14日午前、宿泊先の釣魚台(北京にある国賓館)近くの庶民的食堂で朝食をとり、北京市民と触れ合ったと報じた。 文大統領はこの日午前、金正淑大統領夫人、盧英敏駐中大使などと共に朝食専門店「永和鮮漿」に「サプライズ登場」し、中国人が朝食によく食べる油條と豆漿を注文した。油條は小麦粉を棒の形の生地にして油で揚げたパンで、中国式豆乳の豆漿につけて食べる。 青瓦台関係者は「中国の一般庶民の朝の日常を少しでも体験することにより、中国の人達に歩みよることのできる機会を作るための日程だった」と話した。 文大統領は海外訪問中、その国の市民と直接触れ合ってきた。先月インドネシアを訪問した時はジョコ・ウィドド大統領との首脳会談途中、市内のショッピングモールをサプライズ訪問して飲み物を買った。

文大統領、北京の庶民食堂で朝食に中国式揚げパンで、事代はモバイル決済というから、体験ではなく、実はおもてなしなのでは…。超冷遇となる。もっとも朴槿恵政権時に安倍総理が訪韓した際、安倍総理は食事が出ずに自分で外食したが…。似たようなものでは無いのか…。

関連記事

[ 2017年12月15日 10:40 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
中国にとって必要の無い国
韓国は中国にとって必要でない国。
それにも掛からず対等と思い込んでいる、そこで思い知らせる為、大衆の中での朝食。
朴槿恵前大統領が昼食も出さずに安倍首相を冷遇していた事を忘れている様だ。
天に向かって吐いた唾が自分の顔に降り掛かって来た。
中国による韓国イビリはまだまだ続くだろう。
[ 2017/12/15 12:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp