韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相が日中関係改善を急ぐ3つの理由

安倍首相が日中関係改善を急ぐ3つの理由

2017年12月22日、海外網は記事「日本与党の幹事長が中国を訪問、首脳の相互訪問実現を期待する安倍首相」を掲載した。

安倍首相は22日、自民党の二階俊博幹事長、公明党の井上義久幹事長と会談した。両氏は24日から中国を訪問する。安倍首相は日中首脳の相互訪問実現と友好深化への期待を表明している。

日本・共同通信によると、日本外交は対中けん制から友好路線へと転換しつつあるという。日本政府が対中関係改善を急ぐ理由はどこにあるのだろうか。中国外交学院の周永生教授は三つの狙いを指摘している。

(1)外交で成果を挙げ、周辺国との関係を安定させる狙い、
(2)中国の「一帯一路」戦略に参加することで経済振興を図る狙い、
(3)対中関係強化に踏み切った米国外交と協調する狙いだ。

ただし周教授は日本が対中牽制という従来の方針を捨てたわけではないと警告している。従来の方針を守りつつも、日中関係改善に努力するようになったのが現状との分析だ。
http://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク



南シナ海情勢の変化には大きく二つの要因がある。第一に米国の変化だ。トランプ大統領は中東と北朝鮮問題を優先課題に位置づけており、南シナ海問題の重要度が下がっている。トランプ政権にとっては中国との友好関係保持が課題という点も大きい。また、ベトナム、フィリピンにとっても対中関係改善によって中国の投資を呼び込みたいという願いがある。中国にとってもベトナム、フィリピンとの関係改善は南シナ海問題の沈静化につながるだけに歓迎すべき事態だ。1年前と比べて情勢は大きな転機を迎えている。

毎日新聞は、対中関係の改善を急ぐのは、「北朝鮮への圧力を最大限に高める」との首相の方針を実現するうえでも、北朝鮮に大きな影響力を持つ中国の協力が不可欠との認識が強まっている事にあると報じている。北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返し、核実験を強行するなか、首相は米露韓など関係国の首脳と電話協議を相次いで行ったが、習氏とは電話できるような関係になかった。圧力重視の首相と対話重視の中国との間に温度差があることは明白だが、その違いを埋めるためにも対話が必要と指摘されてきた。

首相は習氏に「日中両国のリーダーシップが強化される中」での関係改善を強調した。首相は先の衆院選で大勝し、さらなる長期政権を視野に入れる。習氏も中国共産党大会を経て権力を集中したと指摘される。日中関係の局面を転換する政治環境が整ったとの意味合いだとみられる。

関連記事

[ 2017年12月23日 16:23 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
対中関係を焦っているのは中国の方だろ
今東南アジア、アフリカ等で日中は外交関係でライバルだ。
東南アジアの対中牽制政策が行き詰まり中国の1路1帯政策のおこぼれにありつこうと中国に媚びている。
こんな事を煽っている中国メディアは韓国メディア並みに劣化したものだ。
実質成長率の伸び悩み、さらに深刻な無大気汚染、水質汚染、土壌汚染を解決するためには中国は日本に頼らざるを得ない。
中国政府はなりふり構わず日本にすがりついて来ている。
これが真相だ。

[ 2017/12/23 18:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp