韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日韓合意にTHAAD交渉方式を採用…「合意は破棄せず異論を狭める」

日韓合意にTHAAD交渉方式を採用…「合意は破棄せず異論を狭める」

2017年12月29日、従軍慰安婦被害者と国民の意思を考慮せず、朴槿恵(パク・クネ)政府(当時)が無理に合意を押し通した日韓慰安婦合意を認めることはできないというのが文在寅(ムン・ジェイン)大統領の主張だが、この問題解決のために韓国大統領府がツートラック戦略を打ち出した。韓国・東亜日報が伝えた。

韓国側の意向とは裏腹に、安倍晋三首相は「合意は1ミリも動かすことはできない」と主張している。また、日韓政府間の公式合意を大統領が直接否定することに対する外交的余波への懸念も出ていることから問題解決の鍵となるのが今後の進め方だ。

韓国大統領府は「15年の合意の過程で重大な問題があるのは明らか」としながらも破棄や再交渉に乗り出すのには慎重な態度を取っている。記事は「政府が再交渉を宣言しても、相手側の日本が応じないことが予想されるうえに、15年当時と異なる合意内容を引き出すのは現実的ではない」とし、「大統領府が『合意は無効ではない。文大統領の所感を明らかにしただけ』と一線を引いた理由もここにある」と分析している。

これらの理由により、大統領府は「歴史と未来は分離する」として、「ツートラック戦略」を打ち出した。文大統領も「日韓両国が不幸だった過去の歴史を乗り越え、真の心の友達になることを願う。そのような姿勢で日本との外交に臨む」と述べている。また、大統領府の関係者は「日韓関係を未来志向的に改善するということが文大統領としての立場の核心」と説明した。

スポンサードリンク
大統領府が考えている日韓慰安婦論議の「出口戦略」は、中韓のTHAAD(高高度防衛ミサイル)式の解決方法だ。政府関係者は「交渉の末、THAADへの中韓両国の意見相違を乗り越えて(中韓)関係発展に合意したように、日本とも未来志向的な協力に乗り出すことができる」と述べている。



この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「朴槿恵政府の後片付けは大変だな」「無知で拙速な合意だった」「やっぱり合意は破棄だろう」「合意は破棄して国交断絶だ」など、合意への否定的な意見が多く寄せられた。 その一方で、「外交と歴史は別。合意は合意」と、合意を覆すことへの否定的な意見も見られた。 その他に「日本と極端な外交的な葛藤を引き起こして、日米韓同盟を破壊し、中国の支配下に入れる戦略だと思う。恐ろしい」とするコメントもあった。
http://www.recordchina.co.jp/

産経ニュースは、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、韓国外相直属の作業部会が交渉過程を一方的に公表したことに、韓国メディアからも批判が上がったとし、北朝鮮問題で日本との緊密な協力が求めれる中、日韓関係の冷え込みを懸念する声も強いと報じている。 「複雑で難しい交渉過程を外交慣例を無視して一方的に公開したことは、韓国外交への国際社会の信頼を今後、低下させるだろう」 尹炳世前外相は27日の検証結果発表後、記者団へのメールで危惧を表明した。尹氏は2015年12月に合意を発表した当事者だ。

検証報告書は、韓国政府が非公開の合意で、日本側の要望に対して譲歩していたことを問題視した。しかし、保守系紙、中央日報は28日、社説で「われわれの希望を成し遂げるには相手の要求も聞き入れなければならない。一定部分は公開できないこともある」と非公開合意に理解を示した。 さらに「大きな問題は、経緯調査という名目で外交上越えてはならない一線が守られなかった事実だ」と指摘。韓国で外交文書は原則、30年間非公開とされるが、わずか2年での交渉過程の公表を批判した事になる…。

関連記事

[ 2017年12月29日 17:17 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
彼の国は正直者?
日本でツートラック=二枚舌は、非常に嫌われる言葉で、いくらペテン師でも自分からツートラックとは決して7185言いません。
それを、彼の国はいとも簡単にツートラックと言いますが、これを正直者と言うのでしょうか?
いくら何でも、ツートラックで外交を宜しくは無いでしょう。
困った民族です。
[ 2017/12/29 18:06 ] [ 編集 ]
「悪巧み撲滅して」
>真の心の友達になることを願う
よく言うよ。
5月に訪韓した二階幹事長の「悪巧み撲滅して」は
このことだったのか。

「ツートラック」というのは向うの勝手な願望でしょう。
外交の詳細をばらしたのだから、対日関係は悪くなるだけです。
話ができる人脈が途絶える。
二階氏はもう行かないでしょう。

表向き日韓の利害一致はただ一点、北朝鮮問題だけ。
これも、親北の文在寅だから、監視を怠れない。
[ 2017/12/29 23:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp