韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  楽天、携帯月額4000円 大手3社より3割超安 サービス開始

楽天、携帯月額4000円 大手3社より3割超安 サービス開始

楽天が参入を目指している携帯電話事業の計画の概要が29日、判明した。通信サービスなどは既存の携帯電話大手3社の平均的な月額負担より3割以上安い月額約4千円で提供。格安スマートフォンに近い料金設定と、動画配信など楽天の各種サービスと連携した割引で利用者を集め、平成31年のサービス開始から3、4年後の黒字化を狙う。

楽天は2月に総務省に申請した第4世代(4G)移動通信方式向け電波の新規割り当て計画書にも、こうした料金プランや黒字化時期などを明記。総務省の電波監理審議会が計画書を審査しており、30日にも新規事業者として楽天を認可する見通しだ。 

関係者によると、携帯大手3社の一般的なスマートフォン利用者が毎月、端末代金や通信利用料などで支払う金額は6千~7千円程度。楽天は、そこから2千円以上安い約4千円を主要な料金プランに設定することで、格安スマホ利用者が支払っている毎月2千~3千円にも対抗できると判断した。

4千円を超えるプランや下回るプランも、毎月のデータ通信の利用量などに応じて設定する。楽天のクレジットカードでの支払いによる携帯電話料金の割引や、動画配信など楽天の各種サービスの携帯電話利用者向け割引なども実施。「3、4年後に数百万契約を獲得して黒字化を達成できる」(幹部)青写真を描く。

スポンサードリンク
一方で、37年までに最大で6千億円を投資する設備投資計画については、既に東京電力や関西電力、中部電力の鉄塔や電柱を借りて基地局を設置する契約を締結しているが、都市部ではオフィスビルなどの高層建築物に小型の基地局を設置することでコストを削減する考えだ。
http://www.sankei.com/

株式会社朝日ネットが運営するMVNOのモバイル通信サービス。顧客満足度の高さが強みとなっている。プランは1ヶ月に3GB・7GBの高速通信が可能なもの、そして1日に110MBの高速通信が可能なものの合わせて3つ。月額料金は他社に引けを取らない安さ。非常にシンプルな格安SIMサービスだ。固定IPのオプションがあるのは1つのポイント。プランはいずれも高速通信に対応しており、「3ギガプラン」「7ギガプラン」「1日110MBプラン」の3種類がある。「3ギガプラン」「7ギガプラン」は月次データ容量、「1日110MBプラン」は日次データ容量だ。通信速度最大262.5Mbpsでネットを利用できる、他社でも一般的なプランである。すでにASAHIネットの他の回線サービス(光やADSLなど)を利用している方なら、ASAHIネット LTEの月額料金を50円割引してくれるため、ちょっとお得になる。また、キャンペーンで最初の数ヶ月だけ月額料金が無料になることもある。

通話と3Gプランで1600円/月で、他のプロバイダーでもサービスを行っている。今では月2000円以下であるから、ガラケーより安い。私はアサヒネットを利用しているので、月1600円プランで、ガラケーからスマホに逆戻りした。電話はネット電話やWi-Fi電話などを駆使すれば、実に安い。特に海外とやり取りする人には海外ネット利用での通話やチャットと併用し、お得ともいえる。 ただ利用できるスマホ持っているか、無い人は購入する必要があるのと、様々な人と電話利用する人などでは難しいかも…。

関連記事

[ 2018年03月30日 09:59 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp