韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  Windows 10 April 2018 Update - 続々と新機能

Windows 10 April 2018 Update - 続々と新機能

Microsoftは2018年4月30日(現地日時)、同日にリリースしたWindows 10機能更新プログラム「Windows 10 April 2018 Update」に関する開発者向けアナウンスを公式ブログで行った。なお、本機能更新プログラムを適用するとWindows 10はバージョン1803へ更新される。

Windows 10 バージョン1803では、ONNXモデルによる機械学習の実行を可能とするWindows ML(Machine Learning)をサポートするが、他の機械学習プラットフォームを用いたモデルも変換して利用できる。新たに加わったタイムラインはユーザー活動を元に使用したアプリケーションやファイル情報を、MicrosoftアカウントやAzure ADアカウントを基盤として共有する機能だが、Microsoftは開発者にアダプティブカードの利用を改めて推奨した。

また、アプリケーション開発者向けには、TreeViewやPull to refresh、Content linksといった新しいコントロールの用意や、複数のインスタンスに対応するUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションを開発するマルチインスタンスの存在を強調する。これらの新機能を開発者が利用するには、Windows 10 バージョン1803および、最新のWindows 10 SDK(https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=870807)が必要。Visual Studio 2017 バージョン15.7がリリースされた後はVisual Studio Installerを使って、Windows 10 SDK(10.0.17134)の適用を行う。

スポンサードリンク
なお、Windows 10 バージョン1803に関する開発者向け機能は公式ドキュメントを合わせて参照することをお薦めしたい。
http://news.livedoor.com/



アップデートには多くの機能が盛り込まれているが、なかでももっとも注目されているのが“タイムライン(Timeline)”機能だ。“タイムライン(Timeline)”は、タスク切り替え機能“タスク ビュー”を拡張して、過去の“アクティビティ”や他のデバイスで行っていた“アクティビティ”への切り替えを実現したものだ。“アクティビティ(活動)”というのは、従来からある“タスク(作業)”という概念を拡張したもので、プロセスやウィンドウだけでなく、それが扱っているコンテンツ――閲覧中のWebページや編集していたドキュメント、再生していた音楽プレイリストなど――をも包括している。“タイムライン”ではそれぞれの“アクティビティ”が“カード”として表現されており、クリックすると“アクティビティ”がデスクトップに復元される。 アップデートでは、通知をオフにして作業に集中できるようにする「Focus Assist」(集中モード)や機能等が追加される。

最新リリースとなる「Build 17134.1」は、「設定」の中の「更新とセキュリティ」から「Windows Update」へと進み、手動で更新プログラムをチェックして入手することができる。Windows Updateによる自動更新を待つ場合、配信は5月8日以降となる。Windows 10の他の機能のリリースと同様に、この配信は段階的に行われ、更新に成功する可能性の高い一部の端末にまず配信される。インストールの準備が整った時に通知が表示されるという。

関連記事

[ 2018年05月01日 16:32 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp