韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国・インドの技術追撃を恐れる日本企業…「韓国は脅威でない」

中国・インドの技術追撃を恐れる日本企業…「韓国は脅威でない」

日本の主要企業は今後10年間に中国とインドが技術力で日本を追い越す可能性が高いと見ている。しかし韓国の技術力は横ばいで日本を脅かす水準には達しないという見方を示した。 26日の日本経済新聞によると、トヨタ自動車、ソニー、パナソニック、日立製作所など日本主要企業289社を対象にした「2018年度研究開発活動に関する調査」で、中国とインドの技術力が10年以内に日本を追い越すと予想が出てきた。

各国の現在と10年後の研究開発(R&D)能力を5点満点で評価した結果、日本の技術水準は現在の3.8点から10年後には3.7点にやや低下すると予想された。一方、インド(3.0点)、中国(3.5点)は現在、日本企業より低いが、10年後にはインド3.8点、中国4.3点と日本を上回る見込みだ。中国は特に自動車・自動車部品分野で日本だけでなく米国も抜いて、欧州連合(EU)に次ぐ世界2位の技術力を持つと予想された。 日本企業は中国やインドだけでなくシンガポールも現在の3.2点から3.5点に上がって日本を追撃し、台湾の技術水準も2.9点から3.1点に高まると予測した。

新興国の追撃が激しくなる中、欧米先進国との技術力格差も狭めるのが難しいという見方が多かった。米国は現在の4.6点から10年後には4.5点とやや低下するが、依然として圧倒的な技術優位を維持するということだ。EUも現在の4.2点から10年後には4.1点と地位は低下するが、依然として日本より高いという分析だ。

スポンサードリンク
韓国の技術力に対しては日本に大きな脅威にならないという見方が多かった。現在3.2点と評価された韓国の技術力は日本との格差が大きいだけでなく、10年後にも依然として3.2点にとどまるということだ。新興開発途上国のうち今後10年間に技術力が増進しない国に挙げられたのは韓国だけだった。
http://japanese.joins.com/

中国ブランドの存在感といえばなんといってもスマートフォンだろう。インドは年間1億2000万台以上のスマートフォンが売れる巨大市場。いわゆるガラケー(現地ではフィーチャーフォンと呼ばれている)まで含めるとその数は年2億5000万台以上。その半数強が中国ブランドだ。中国ブランドのスマホのうち半分以上が1台100ドルを切るいわゆる格安スマホ。コストパフォーマンスの良さや、台頭するネット通販各社との独占販売契約などで売り上げを急速に伸ばしている。

一方、インド企業の中国進出も進んでいる。重電・エンジニアリング大手のラーセン&トウブロ(L&T)や、飲料大手のタタ・グローバル・ベバレジ、トラクターや多目的車が主力のマヒンドラ&マヒンドラなどはすでに中国市場で足場を固めている。中国にしてみれば、自国内に抱える余剰生産力をなんとか輸出や対外投資に振り向けたいし、インド側も自国のインフラ整備に中国の力を借りたい。双方の思惑はみごとに一致している。インドと中国は時に右手で握手しながら左手で小突き合ったりしているが、実際は相手のことをしっかりと理解して付き合っている。

関連記事

[ 2018年07月27日 09:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp