韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓米の経済成長率、3年ぶり逆転か

韓米の経済成長率、3年ぶり逆転か

韓国の経済成長率が3年ぶりに米国を下回る状況だ。両国の景気は対照的であり、成長率の逆転差も通貨危機を迎えた1998年以来の最大幅となる見込みだ。 米連邦準備制度理事会(FRB)は26日(現地時間)、今年の米国の経済成長率予測値を2.8%から3.1%に上方修正した。予想通りになれば2005年(3.5%)以来の最大成長率となる。これは韓国政府と韓国銀行(韓銀)が提示した今年の韓国の成長率予測値(2.9%)より0.2%高い。

韓国は通貨危機当時の1998年に成長率(-5.5%)が米国(4.5%)を下回って以来、2015年に一度だけ逆転されている。2015年の韓国の成長率は2.8%で、米国(2.9%)と0.1%の差だった。米国は2016年に1.6%に落ちたが、2017年の2.2%に続いて今年は3%台が予想されている。一方、韓国は成長が停滞し、今年また逆転される見込みだ。

成長率の差は2015年を大きく上回ると予想される。政府と韓銀は当初、今年の成長率予測値を3.0%としたが、消費・雇用など景気指標が一斉に悪化すると7月に0・1%下方修正した。韓銀は来月、予測値をさらに下方修正することが確実視される。下半期の設備投資と建設投資、輸出などの増加率推移が韓銀の7月の予測値を下回っているからだ。韓銀は就業者数が下半期に前年比18万人増加すると予想していたが、7、8月の就業者増加幅は1万人にもならなかった。国策研究機関の韓国開発研究院(KDI)も今年の成長率を当初の2.9%から年末に下方修正することを検討中という。

スポンサードリンク
経済協力開発機構(OECD)は今月20日、3.0%だった今年の韓国の成長率予測値を国内外機関のうち最も低い2.7%に大幅に引き下げた。韓銀が提示する潜在成長率(2.8-2.9%)より低い。アジア開発銀行(ADB)は今年の韓国の成長率予測値を7月の3.0%から今月は2.9%に下方修正した。
http://japanese.joins.com/

韓国経済ブログを立ち上げて7年になるが、韓国メディアの大きな変化と言えば、反日記事がゼロではないが大きく減少したことだ。つまり単なる普通の記事になった。普通の記事となると、日本メディアと比較するとレベルは低い。数値ならべは信用性に欠ける。さらに言えば危機と言う記事掲載する程に、まだ余裕がある。本当に危機なら記事掲載どころではないだろう。今の経済低迷は日本技術が土台の製造業において、革新的にはならないという事だ。負債を除けば、単に普通の企業と化しただけである。サムスンとて同じだ。ウォン安を背景に大量受注で、利益と企業を拡大してきたが、今ではトヨタがサムスンとほぼ同じ規模となり、日本では大企業化は抑えてきたが、次第に外資がはいるにつれて企業も拡大し、サムスンが特別大きなな存在ではなくなった。

日本も成長戦略に遅れているとはいえ、いまだ組織と人材が古い体質が残っている。特に自動車産業は組織面において革新的にはなりにくい。いまだ無資格者が試験するなどと言うレベルの低さが残る。時代にあった人材で組織を構成するべきだが、一部でまだ古い体質で継続する企業が残っている。あと成長戦略が結果を残すのに数年はかかるだろう。日本でこういう状態であるから韓国は世界企業と比較し、大きく遅れを取る境界線に立っている。財閥経営の限界でもある。現段階では韓国の全産業で4000兆ウォンの売り上げとなる。2010年とほぼ同じだ。従って今日明日でどうにかなる状態ではない。

海運や造船業は大低迷とは言え、全産業で見れば、比率は低いが、政府からの税金補てんで逃れている状態だ。サムスンとて全産業売り上げの5%程度でしかない。全産業の30%が製造業となる。卸・小売業、金融・保険業をいれて70%レベルとなる。そのうち不動産を除く、金融関連は日本が抑えている。本当の危機が迫れば、日本から進出した金融関連企業は即日撤退するだろう。今だ撤退していないわけで、そう考えるとまだ余裕があるという事だ。だが来年はそう単純ではなくなる。不動産元本返済をどう切り抜けるのか大きな関心ごととなる。

関連記事

[ 2018年09月28日 12:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp