韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  格差拡大ひしひしと 「iPhone審査落ち続出」

格差拡大ひしひしと 「iPhone審査落ち続出」

Appleが昨年、「次の10年を見据えた次世代スマートフォン」と紹介した「iPhone X」から始まった、ホームボタンのないフルディスプレイのiPhoneは、これまでの“庶民のiPhone”を“選ばれた人のiPhone”に格上げさせてしまった。9月21日の発売日以降、Twitter上では「キャリア」「iPhone」「契約」といったワードとともに、「審査落ち」に言及する書き込みが目につく。

数年前から、携帯電話・スマートフォンは、「24回払いの分割払い(割賦販売)」が定着している。しかし、割賦販売法に基づき、本体価格が10万円を超えると、カードローン同様の与信審査が必要となり、料金滞納などの事故履歴があると審査が通らず、分割払いは不可となる。 こうした「審査落ち」の判定が出た場合、解決策は、一括払いに切り替え、その場で、現金またはクレジットカードで支払うこと。少なくとも頭金を入れ、24回払いの総額を10万円以下に抑えれば、これまでと同様の簡易審査になるため、「審査落ち」という結果にはならないそうだ。

6.5インチの大画面モデル「iPhone XS MAX」のApple Storeでの販売価格は、8%の消費税込で、512GBは17万7984円、256GBは15万3144円、64GBは13万4784円。5.8インチの「iPhone XS」は、若干下がって512GBは16万5024円、256GBは14万184円、64GBは12万1824円。端末購入日から30日以内のみ購入できる有料保証サービス「AppleCare+ for iPhone」を同時購入する場合、そこにプラス税別2万2800円(税込2万4624円)かかる。

スポンサードリンク
AppleCareは、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートを2年間に延長するもの。料金は本体価格に比例して上がり、「iPhone XS MAX/XS」ではついに2万円を超えてしまった。 Twitter上では、今回の新iPhoneは、本体+AppleCareでMacノートよりも高い贅沢品と揶揄されている。10月発売のカラフルな廉価版「iPhone XR」でも、64GBモデル以外は、本体価格10万円超となるため、注意したい。
http://news.livedoor.com/

最新スペックの、手頃なスマートフォンを探しているなら、iPhone 8は手堅い選択と言える。もちろんストレージ容量の大きなものを選べば、価格は上がる。 とはいえ、新しいiPhone XSよりも手頃だ。 新しいiPhone XSと同様、iPhone 8もワイヤレス充電に対応。水深1メートルで最大30分間の耐水性能を持っている。ただし、耐水性能については、iPhone XSはiPhone 8より進化した。水深2メートルで最大30分間の耐水性能を持っている。アップルの最新機能ではなくなったが、スマートフォンをアンロックするための指紋認証機能を持ったホームボタンは使い勝手が良い。 意外なところでiPhone 8の人気が高まりそうだ。

関連記事

[ 2018年09月30日 09:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp