韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車産業を襲う雇用不安、造船業界と同じ轍を踏む懸念も

韓国自動車産業を襲う雇用不安、造船業界と同じ轍を踏む懸念も

輸出と内需の同時減少による「自動車雇用ショック」が押し寄せている。8月の自動車製造業の直接雇用(雇用保険加入者数)は39万1000人で、前年末(40万人)に比べ9000人減少した。製造業、サービス業を通じ、雇用の減少幅が造船業と並んで大きかった。自動車産業が「第2の造船業」に転落するのではないかという懸念が生じている。

韓国の自動車生産台数は2012年に456万台でピークを迎えた後、昨年は411万台まで減少した。今年は400万台の生産すら危うい。韓国の自動車生産が400万台を初めて超えたのは2010年(427万台)だったが、韓国の自動車産業の規模は10年前の水準に逆戻りすることになる。 現代・起亜自動車の営業利益率は限界企業(利益で利払いも賄えない企業)レベルの2-3%台に低下し、韓国GMは不渡り直前の事態となり、政府やGM本社の資金投入で延命している。最低賃金引き上げ、労働時間短縮などの悪材料も重なり、部品メーカーの連鎖倒産も現実となっている。

産業研究院による分析の結果、韓国の中堅部品メーカー100社中82社は、今年上半期の平均営業利益が前年比で半減。31社は営業赤字を出した。現代自動車の1次下請け業者、理韓のワークアウト(金融機関主導の経営再建)申請(7月)に続き、中堅部品メーカー、ダイナメク、クムムン産業、イーウォンソルテックなどが相次いで法定管理(会社更生法適用に相当)に入った。

スポンサードリンク
こうした状況で雇用労働部は「不法派遣の是正を」と企業に圧力をかけている。雇用労働部は国民の血税で延命する韓国GMに対し、昌原と富平の工場の下請け業者社員約1600人を直接雇用するよう命じ、一部の中小企業に対しても派遣労働の実態調査を実施した。 自動車産業の危機が韓国経済に与える影響はメガトン級だ。直接雇用規模は造船業(12万8000人)の3倍に上り、輸送、整備、販売、資材などの裾野も含めると、177万人の雇用に影響を与える。自動車産業は韓国の輸出全体の11%(昨年時点)を占める。今年は年初来9月20日までに輸出が前年同期比で7.7%伸びたが、自動車輸出は5.1%落ち込んだ。
http://www.chosunonline.com/

国内ではストの嵐で経営を圧迫しているわけで、財閥経営も少しずつ海外へ移行しているのも事実。唯一現代自の50%自国生産と言うのも崩れつつある。気が付けば中国工場は増加しすぎて、稼働率低下問題も出ており、益々自国内生産は厳しくなる。トランプ大統領の関税爆弾があれば、影響はもっと大きくなる。 朝鮮日報は、韓国の自動車産業全体が揺らぎ、部品メーカーが立ち行かなくなっているとし、自動車産業の直接雇用規模は39万人で、造船業(12万8000人)の3倍に達し、自動車製造業は16-17年に直接雇用40万人を維持してきた。従業員1人が4人家族だとして、160万人の生計を支えてきたことになるが、雇用人数は今年初めから毎月1000人、2000人のペースで減少し、8月には39万1000人まで落ち込んだと警笛を鳴らす。

関連記事

[ 2018年10月02日 11:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
グローバル戦略
現代自動車のグローバル戦略の結末ですね。
もう韓国に工場は要らないのではないか。
西アジア市場はインド工場の輸出で足りる。

経営は生産性が低い韓国国内で増産する理由が無い。
もはや輸出の国内生産はアロケで台数維持ではあろう。
[ 2018/10/02 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp