韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国公企業の深刻な不健全化、結局国民が抱え込む借金だ

韓国公企業の深刻な不健全化、結局国民が抱え込む借金だ

公企業は公共性とともに収益性を追求しなければならない。私企業が引き受けることが難しい公共の目的を達成すると同時に、企業の効率性も備える必要があるという意味だ。公企業も市場原理に従って利益をあげるべき「企業」だ。だが、文在寅(ムン・ジェイン)政府は公企業の公共性だけを過度に強調し、収益性は度外視し、あるいは後回しにしている。当面は深刻な問題が浮上しないとしてもいつかは国民の税金として公企業の不良を抱え込まざるを得ない。未来世代に過度な負担を押し付ける破廉恥にほかならない。

自由韓国党のチュ・ギョンホ議員が公開した国政監査資料は、このような懸念が余計な心配でないことをよく見せている。韓国電力など資産2兆ウォン(約1973憶円)以上をもつ主な公共機関38カ所の今年の純利益は7000億ウォンで、昨年(6兆9000億ウォン)の10分の1、2年前(14兆8000億ウォン)の4.7%に減少するものとみられた。この公企業の純利益の減少は文在寅政府の脱原発政策によるエネルギー公企業の実績悪化のせいが大きかった。韓電の今年の純利益は昨年(2兆7148億ウォン)の13.6%である3710億ウォンにとどまる見通しだ。

これはすでに予想されていたシナリオだ。政府の脱原発政策により原発の利用率が文在寅政府が発足した昨年5月76.2%から今年3月52.9%まで落ちた。

スポンサードリンク
相対的に発展単価が安い原発はあまり使わず、高価な石炭・LNGなど火力発電をさらに使ったため、韓電の電力購買費用が上がるほかはない。見通しも明るくない。韓電は2020年純利益展望を2016年(3兆1541億ウォン)より78%下落した6904億ウォンと予想した。 収益性が落ちると借金が増えるばかりだ。38公企業の借金は昨年472兆3000億ウォンから今年480兆8000億ウォン、来年には491兆8000億ウォンに増えて2020年には500兆ウォンを突破するものと予想した。
http://japanese.joins.com/

中央日報は、最近自国政府の批判記事が多い。ただ日本語版ではもう少し説明がほしいと感じる。火力発電のクリーン化には莫大な費用がかかる。クリーン化に取り組んでいるのだろうか…。取り組めばその費用も加算される。一方の原発は、老朽化が迫り、廃炉が目先に迫っている。廃炉費用は予想ははるかに超える莫大な費用となる。日本を見れば参考になるだろう。公企業は公共性とともに収益性を追求というが、改革途中では難しい。もっとも不正の多い韓国では、普通の事が信じられない事実が多々ある。単に予想される収益の数値ならべよりは、何故そうなるのか、どう対応すべきなのかは記事として社説であるから必要なのではと思うが…。

関連記事

[ 2018年10月15日 18:36 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp