韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「運転免許が5日で取れる」…中国人がこぞって韓国済州島へ

「運転免許が5日で取れる」…中国人がこぞって韓国済州島へ

2018年10月15日、英BBC中国語版によると、韓国済州島で運転免許を取得する中国人が増加している。 記事は、「中国人は済州島で買い物をしたり、カジノに行ったりするのが好きだが、現在は運転免許を取得しに行くケースが増えている」と報じた。近年、運転免許取得を目的に済州島を訪れる中国人が増加しており、今年はすでに2172人が取得。2010年は年間を通して68人だったことを考えると大幅に増加していることが分かる。

中国のとある旅行会社では、済州島への5日間の運転免許取得ツアーを販売している。観光もセットになって費用は8800元(約14万円)ほど。食事と往復の航空券は別のため、それほど割安感はないようにも思えるが、北京の質の高い自動車学校では1万5000元(約24万円)以上する上に、卒業まで数カ月かかるそうだ。

コストパフォーマンス以外にも理由があるという。ある中国人学生は「国内の運転免許試験は厳しいけど、韓国では簡単」と話す。韓国では「運転免許試験が簡単すぎる」との指摘を受け、16年12月に見直しが行われた。その結果、実技試験の通過率は60%も減少した。しかし、筆記試験では出題数100問で合格ライン90%の中国と比べ、出題数40問で合格ライン60%(一種は70%)の韓国の方がやはり簡単だという。

スポンサードリンク
取得にかかる時間にも違いがある。中国では、受験者の数に対して試験場が限られていることなどから、1つの科目につき数週間待ちも当たり前。一方、済州島では半日で複数の試験を受けることが可能だという。済州島の運転免許センターの担当者によると、中国人観光客の免許取得率は非常に高く、期間も非常に短いそうで、平均で1週間程度、早ければ2日で取得してしまう人もいると明かしたそうだ。

記事ではこのほか、英国などに在住している華人が免許取得に訪れるケースも多いと紹介。現地では英語でしか試験を受けられないが、済州島では中国語を選択できることが大きな理由になっているとも伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

技能試験が2科目から7科目に増えるなど難易度が高まった運転免許試験制度の施行からおよそ半年、以前は93%だった運転免許試験の合格率は53%に大きく下がった。受験生らが免許取得に苦しむ中、交通事故の削減には期待が寄せられている。実際に、免許試験が簡素化され免許取得が容易になった2011年を境に、初心運転者の交通事故率は異なっている。10年に免許を取得したドライバーの以降4年間の事故率は、年平均16.2%下がっていたが、12年に免許を取得したドライバーではその数値が年平均8.7%の下落にとどまるなど、2倍の差が生じた。さらに運転4年目を比較した場合、10年の取得者は事故率が前年に比べ10%下落したのに対し、12年の取得者では逆に4%増えた。これは、免許取得の容易さから生じた悪い運転習慣が身についてしまったことが要因とみられる。

一方、免許の発給に少なくとも4年かかるオーストラリア、初心者への罰点を通常の3倍に設定している英国など、初心者に厳しい制度を運用する「交通先進国」の自動車1万台当たりの死亡率は、韓国の半分から4分の1程度にとどまっている。ところが記事では5日で取得であるから、また甘くなったのでは…。

関連記事

[ 2018年10月16日 08:23 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp