韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「ポスト安倍」に、女性人気の高い進次郎氏、期待集める石破氏

「ポスト安倍」に、女性人気の高い進次郎氏、期待集める石破氏

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が13、14両日行った合同世論調査で、次の首相に誰がふさわしいかを尋ねたところ、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長が30.3%で首位となり、石破茂元幹事長が27.6%と続いた。「ポスト安倍」候補として名前が挙がる岸田文雄政調会長や河野太郎外相は10%以下と伸び悩んでおり、知名度向上と実績づくりが課題になりそうだ。

小泉氏は女性の人気が高く、10代から60代まですべての年代で石破氏を上回るか同数だった。ただ、男性の50、60代では石破氏が小泉氏より支持を集めた。 9月の総裁選で連続3選した安倍晋三首相(党総裁)は、党の規程で次の総裁選に立候補できない。自民党支持層に限ると、これまで安倍首相が圧倒的な支持を集めていたが、首相を選択肢から省いた今回は、小泉氏が30.1%の支持を集めた。石破氏は24.1%だった。

一方、野党の立憲民主党支持層では石破氏が42.4%で最も多く、小泉氏が16.5%、同党の枝野幸男代表は14.1%だった。自民党で小泉氏と石破氏以外では、岸田氏が全体の7.3%で、河野氏が5.0%。次いで菅義偉官房長官が2.7%となり、野田聖子前総務相(2.4%)を上回った。
http://www.zakzak.co.jp/

スポンサードリンク
安倍政権への期待が高い背景には、ライバルの不在がある。このライバルの潜在的な不在は、主に政策的な理由に依存する。経済政策と安全保障政策において国民の支持をひきつけるだけの対抗勢力がでてこない。経済政策でいえば、アベノミクスであり、安全保障政策は安保法制と積極的な外交戦略。良かれ悪かれ、日本の経済停滞をデフレの継続に求め、その解消を狙うわけで、デフレ脱却の結果、雇用環境を改善し、経済成長を安定軌道に乗せ、さらに結果的に(副次的に)財政再建やまた防衛費の無理のない増額を通じて安全保障に貢献する。

将来を見れば小泉進次郎氏の高い人気は大きな武器となる。人気は高いが、政策において、年齢的にもう少し時間が必要だろう。人数が多い自民党とはいえ、安倍政権の次と言うのは、意外と適任がいない。小泉氏の間に一人中継ぎがほしいが…。

関連記事

[ 2018年10月16日 09:16 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
小泉?石破?
 パフォーマンスだけの無能な評論家如き人間に、日本の政治を任せる訳にはいきません。
 現在の安倍首相が二度目の総裁選に出たときは、身体が悪そうなのに、どうかなとも思ったものでした。それが、どうしてどうして、今も想像以上に活躍中です。そういうことで、自民党内には、きっと有能な人材が隠れています。
 今の殆どの野党は、国会において、意味も権限も無い裁判ゴッコで遊んでいる状態で、次の国政を任せられるような状態にはありません。
 かと言って、当地方の自民党国会議員をみると、大方は己の生活費稼ぎにしか見えません。そういう自民党国会議員の皆さんには、今こそ目を覚まして、国政のために奮闘して頂きたい。
[ 2018/10/16 13:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp