韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  孫正義が「未来のトヨタ」に見た確かな金脈

孫正義が「未来のトヨタ」に見た確かな金脈

10月4日、トヨタ自動車とソフトバンクが提携を発表するに際し、両社のトップである豊田章男社長と孫正義会長兼社長が共同記者会見に臨んだ。対談形式のパートで司会の小谷真生子さんが「トヨタは時価総額日本1ですから」と振ると、豊田氏は「孫さんのところは2位ですから」と応じた。

小谷さんが「日本の1位、2位です」と言っても孫氏は口を結び、小さく会釈しただけであった。日本で1位とはいえトヨタの時価総額は世界で42位(9月末)、ソフトバンクにいたってはベスト50の圏外。自動運転の先行ランナーであるグーグルの親会社アルファベットの時価総額は90兆円を超え、世界の第4位であるという現実をよく知っているからだ。孫氏の「脳内」は世界を見ている。 孫氏は歴史上の尊敬する経営者としてロックフェラーをあげる。ロックフェラーの誕生の結果、世界で初めて独占禁止法ができたくらいの圧倒的ナンバーワンとなった存在だからだ。「ナンバーワンでなければ、意味がない」というのは孫氏の「脳内」に刻み込まれた基本中の基本である。

ソフトバンクがかつて再生エネルギー事業に参入すると決めた時、孫氏から「ロックフェラーがどうして世界を制覇できたか知っているか」と聞かれたことがある。

スポンサードリンク
孫氏が2016年に半導体設計会社のアームを買収し、世界に40億台あるスマホの100%にアームのチップが使われていると孫氏はいう。さらに、ゲーム、家電、工場のセンサーなど、累計1000億のチップが出荷されている。アームは12年後の2030年に、チップが1兆個、地球上のありとあらゆるところにばら撒かれるという「Project Trillium」を進めている。モビリティサービスの会社になると宣言しているトヨタの自動車は大量のチップを使用するであろう。孫氏にはトヨタがロックフェラー財閥を成長させたフォードのような存在に見えているに違いない。
http://news.livedoor.com/

ARMは、スマートフォンの頭脳のプロセッサ(AP)などを手掛ける企業。インテルとは異なり自前ではチップを製造せず、設計のみを行う。アップルやサムスン、クアルコムといった顧客に、チップの設計を提供し収益を得ている。iPhoneやAndroidスマートフォンをはじめ、多くのモバイル製品がARM社設計のチップを採用しており、世界中のスマートフォンの97%がARM社設計チップを搭載している。ARMは昨年1年間に約150億個のチップを出荷。売上高は去年1791億円(。これがIoTになれば10倍100倍規模で成長すると孫氏は見込んでいる。ソフトバンクの長期的ビジョンに完全に合致する投資というわけだ。

関連記事

[ 2018年10月17日 09:44 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp