韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  訪日韓国人観光客が“恐ろしい速さ”で増え続ける理由

訪日韓国人観光客が“恐ろしい速さ”で増え続ける理由

2018年10月17日、韓国・朝鮮日報は、「クールジャパン」に好意的な韓国の若者を中心に、訪日韓国人観光客の数が「恐ろしい速さで増えている」と報じた。 記事によると、昨年の訪日韓国人観光客数は714万人を記録し、訪韓日本人観光客(231万人)の3倍を超えた。今年も8月までに521万人が日本を訪れたが、これは人口が14億人の中国の訪日観光客数(579万人)に迫る数字だった。

日本を訪れる韓国人が増え続けている理由について、専門家らは「多様な観光資源を持つ日本は、東京五輪が行われる2020年までに外国人観光客4000万人を誘致するとの目標を掲げ、交通や宿泊施設や案内看板など外国人向けの観光インフラ整備事業をこつこつと進めてきた。円安により旅行費の負担が大幅に減ったことも、観光客流入の勢いに拍車をかけた」と説明しているという。

また記事は「最近、日韓の物価にほぼ差がなくなったこと」も理由の一つに挙げている。先月に東京を訪れたある韓国の大学生は「コンビニや食堂の価格は韓国とほぼ同じで、負担に感じなかった」と話したという。一方、外国人観光客に人気のスポット、ソウル小公洞のロッテ免税店では、今年に入り売上全体に占める日本人観光客の売上が1%台に減少した。12年には30%を超えていたものの、14年は6%台に激減。昨年は2.7%にとどまっていた。

スポンサードリンク
このニュースに、韓国のネットユーザーからは「日本旅行は本当におすすめ」「なんだかんだ言って、韓国人は日本が大好きだから」「若者の多くが先進国の日本に憧れている」「日本の店は客を尊重してくれるから好き。どんな頼み方をしても嫌な顔されない。だからまた行きたくなる」など、日本旅行人気に納得する声が多数寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/

オンライン旅行販売大手のエクスペディアが最近2年間のビッグデータを分析した結果によると、訪日韓国人の訪問地は、多い順に大阪(25%)、沖縄・東京(ともに20%)、福岡・京都(ともに10%)となっている。また韓国の旅行会社によると、韓国の高3生たちが大学受験を終え向かった旅先でも、東京や九州、また香港や台湾を抑え、大阪が37.1%と最多の割合を占めた。大阪の魅力はまず「アクセスの良さ」と「安全性」だ。大阪は韓国各地から航空直行便で1時間30分ほどと近く、また「安全な旅行地」と認識されている様だ。

パッケージツアーなどを利用せずとも、航空券さえ手にすればまるで国内旅行のように気軽に行ける。自由気ままな旅ができ、かつ安全であることから、韓国人女性ひとり旅の目的地にも適している。


関連記事

[ 2018年10月18日 08:16 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp