韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領が窮地?…欧州会議、“北の代理人”韓国を「罵倒」か

文大統領が窮地?…欧州会議、“北の代理人”韓国を「罵倒」か

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が窮地に立たされている。ベルギー・ブリュッセルで、18日(日本時間19日未明)に開幕したアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の議長声明に、北朝鮮が「核・ミサイル」を廃棄するまで、厳格な制裁を維持する文言が盛り込まれそうなのだ。ドナルド・トランプ米政権は最近、北朝鮮の「代理人」のように制裁緩和を求める文政権を問題視している。ASEMは事実上、韓国を“警告・罵倒”する場となりかねない。

19日まで行われるASEM(51カ国・2機関が加盟)の首脳会議には、安倍晋三首相や、文氏、中国の李克強首相、ロシアのドミトリー・メドベージェフ首相、欧州各国の首脳らが出席した。北朝鮮はASEMに参加していない。 議長声明案には当初、北朝鮮に対して、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を求めるとともに、問題の包括的な解決に向けて、「圧力と制裁の維持」を続けるとの文言が盛り込まれた。 だが、準備協議で、韓国が中国とともに文言の変更を要求し、日本は維持を主張している。

今年4月以降、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と3回も首脳会談を行った文氏は、各国に制裁緩和を呼びかけているが、失敗に終わっている。ASEM首脳会議前の15日、フランス・パリでエマニュエル・マクロン大統領と首脳会談を行った文氏は「北朝鮮の非核化が後戻りできない段階に来たとの判断が立てば、国連制裁の緩和を通じて非核化を促進すべきだ」と求めた。

スポンサードリンク
ところが、マクロン氏は「北朝鮮が核廃棄プロセス開始の意思を明確に示す」までは制裁を維持すべきとの立場を示し、人権問題などで進展がなければ、北朝鮮と国交を結ぶ考えがないと明言したのだ。朝鮮日報(日本語版)によると、前太平洋軍司令官(海軍大将)であるハリー・ハリス駐韓米国大使は15日、峨山(アサン)政策研究院と米ウッドロー・ウィルソンセンターが共同主催した座談会の演説で、「南北の対話が『北朝鮮の非核化』と連携し、韓国と米国の声が一致してこそ、われわれの共同目標を達成できる可能性が最も大きくなる」などと語った。
http://www.zakzak.co.jp/

韓国の思惑と、北朝鮮の思惑はまた違うだろう。ともに自己都合であるから、世界の国々と意見があるはずもない。記事では、米メディアは最近、正恩氏のような人権蹂躙者と『気が合う』と語ったトランプ氏を批判している。トランプ氏側は『対北朝鮮制裁を一切緩めていない』と反論しているが、文氏は制裁解除を主張しており、うっとうしい存在と指摘する。

北朝鮮の脅威は何度もここで掲載しているが、首脳会談を3回開いても関心度は薄い。日本からすれば、北朝鮮の脅威は何も変わらず維持されたままだ。いつまた弾道ミサイルを発射するかわからない国に、制裁緩和などありえない。

関連記事

[ 2018年10月21日 09:12 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp