韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  空の扉、ついに開かれた!!

空の扉、ついに開かれた!!

2013-01-30-k003.jpg

韓国初の宇宙ロケット「羅老(ナロ)号」が30日午後4時、全羅南道高興郡(チョルラナムド・コフングン)の羅老宇宙センターから宇宙に飛び立った。火炎を吹いて上昇した羅老号は、無事に宇宙軌道に乗った。

スポンサードリンク

(東亞日報)


韓国国内から初めて打ち上げられた人工衛星「羅老(ナロ)」が韓国科学技術院・人工衛星研究センターの地上局との交信に成功した。

韓国科学技術院は31日、午前3時28分の初交信に続き、同5時11分にも2回目の交信を正常に行った。人工衛星が正常軌道に投入されたことを意味し、人工衛星事業の成功が最終的に確認されたことになる。これで韓国は自力で人工衛星を打ち上げた11番目の国となった。

初交信では衛星の高度角が低く、正確な情報を確認できなかったが、2回目の交信では遠隔追跡情報をはじめ、温度、電圧、電流、電源などが正常な状態であることを確認した。

人工衛星「羅老」は2002年に開発に着手。2009年と2010年の2回、打ち上げに失敗したが、今回3回目の挑戦で成功となった。衛星は今後1年間、1日に14回地球を回り、宇宙放射線とイオン層を測定する。朝鮮半島付近の上空は1日に4~5回通る。

教育科学技術部の関係者は「今回の人工衛星打ち上げの成功を基に、発射体、衛星、宇宙探査など宇宙開発全般に対する投資を拡大していく。これまで確保した技術とノウハウを基に韓国型発射体の開発を前倒しする」と話した。

羅老は30日午後4時に全羅南道・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられた。衛星保護カバーのフェアリング分離、下段(1段目)ロケットの分離・点火、上段(2段目)ロケットの点火、科学衛星の分離などを経て、打ち上げから9分後に正常軌道に入った。

(中央日報)


2013-01-31-k005.jpg






関連記事

[ 2013年01月31日 08:51 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp