韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国型戦闘機開発、インドネシアの契約違反に韓国が抗議できない理由

韓国型戦闘機開発、インドネシアの契約違反に韓国が抗議できない理由

2018年10月22日、韓国軍が8兆ウォン(約8000億円)以上の資金を投入して進めてきた韓国型戦闘機(KF‐X)開発事業をめぐり、協力国のインドネシアが昨年から負担金3000億ウォン台を納めていないことが分かり波紋を呼んでいる。さらに、韓国・JTBCによると、インドネシアが負担金の減額と自国兵器の購入まで要求していたことも分かった。

記事によると、インドネシアは李明博(イ・ミョンバク)政権の2010年、費用の20%を負担する代わりに戦闘機1台と一部の技術提供を受けるという条件で同事業に参加した。ところが、昨年(1389億ウォン)と今年上半期(994億ウォン)の分を未納し、今月末が締め切りの993億ウォンに関しても「未納する」と通知してきたという。これについて、記事は「明らかな契約違反」としつつも「11年と15年に結ばれた契約には、違約金などの制裁規定が記されていない」と指摘。また「2度の負担金未納で契約を破棄することは可能だが、韓国の負担が増えるだけで実益がない」と説明している。

一方インドネシアは、負担金の削減と自国の輸送機CN‐235の購入を提案するため契約の再交渉を要求したという。記事は「一方的な契約違反をしたインドネシアが兵器の購入まで要求しても、お粗末な契約書のため韓国軍と防衛事業庁は正式に抗議すらできない」と指摘。さらに「むしろ輸送機を下見したことが確認された」とも伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
韓国型戦闘機(KFX)開発事業に参加しているインドネシアが、昨年下半期から負担すべき開発費を納めていない。今年上半期までの未納分は2300億ウォン(約230億円)になるという。インドネシアは総開発費8兆5000億ウォンの20%を負担することになっていた。KFX開発は2026年を目標としているが、今のところはこの納付遅延が影響を及ぼすことはないとしている。インドネシア政府政府は、財政関連事項でインドネシアの負担を軽減する方向で話し合う方針だという。

韓国型戦闘機の開発が遅れれば、国内の開発・製造会社である韓国航空宇宙産業(KAI)などの防衛産業への打撃はもちろん、F-4、F-5など古い戦闘機の退役に伴う戦力の空白もあり得る。インドネシアにすれば、不安定な韓国と共同開発はしないだろう。撤退すると思うが。

関連記事

[ 2018年10月24日 09:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp