韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  竹島に移住するには…韓国で問い合わせが殺到

竹島に移住するには…韓国で問い合わせが殺到

2018年10月24日、韓国・ニューシスによると、竹島(韓国名:独島)の唯一の住民だったキム・ソンドさんが死去したことを受け、韓国では竹島への移住を希望する人が相次いでいる。肝臓がんで闘病中だったキムさんが亡くなった後、竹島を管轄する慶尚北道の鬱陵郡には、「キムさんの独島を愛する精神を受け継ぎたい」などの問い合わせが1日に数十件寄せられているという。しかし記事は「今年中に竹島の住民として暮らすことはほぼ不可能」と伝えている。竹島にある唯一の住民宿舎の改装工事が、来年4月までかかるためだという。

鬱陵郡関係者は「問い合わせの大部分が『キムさんの後を継いで独島に住み、韓国の土地を守りたい』『独島の住民になるための条件を教えてほしい』との内容」とし、「残念ながら現時点では回答しかねる。独島への定住条件などの基準は海洋水産庁が設ける予定」と説明した。 鬱陵郡独島里の里長に選任されると、政府から支援金として月140万ウォン(約14万円)が支給される他、漁業活動が可能になり、収穫した水産物を販売することもできるという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからも「支援金なんて必要ない。自分のお金を出してでも住みたい」「私も立候補する。独島を守りたい」「独島で漁をしながら生活するなんて最高!もっとたくさんの人が住めるようにしてほしい」など、竹島への移住を希望する声が上がっている。

スポンサードリンク
一方で人選に関する懸念の声も多く、「愛国心よりお金のために志願しているのでは?新手の詐欺師がいるかもしれないから慎重に選任してほしい」「今までは志願者がいなかったのに。それだけ韓国の経済が悪化したということ?」「適当に任命するのではなく、ちゃんと責任感のある人を選ぼう」「独島で事業を興そうと企む商売人たちは除外して。独島の自然を最大限守るという使命感を持つ人がいい」などの声も多く見られた。
https://www.recordchina.co.jp/

本来は人の住みにくい環境であることから無人島であった。1946年、連合国司令部がSCAPIN 第677号で竹島を日本の施政区域から除外した後、韓国が実効支配を実施し、1952年1月には李ライン(平和線)を設定して竹島を韓国側水域に含めた。韓国は、1952年4月にサンフランシスコ条約が発効した後、武装警察官を多数常駐させて実効支配を続けている。岩石と地質構造の分析結果によると、竹島は単一の火山爆発によって形成されたものではなく、200万年以上の長い期間の断続的爆発と噴火によって形成された。竹島周辺の海域は対馬暖流と北からのリマン海流の接点であり、魚介藻類が豊富な好漁場である。

しかし今では、韓国が日本固有の領土である島根県・竹島の周辺海域に、ゴミを大量投棄しており、環境汚染が進んでいる。

関連記事

[ 2018年10月25日 08:48 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp