韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  THAAD報復から2年、韓国化粧品が中国から締め出される

THAAD報復から2年、韓国化粧品が中国から締め出される

中国で「Kビューティー」が危機に瀕している。2016年のTHAAD(高高度ミサイル防衛)危機による「失われた2年」の間、韓国化粧品が中国市場でグローバルブランドと中国ローカルブランドの間で板挟みとなったからだ。これは株価にも反映されている。25日、Kビューティーの代表格であるアモーレパシフィックの株価(終値基準)は19万1500ウォンで、今年5月10日に記録した年間最高値の35万6000ウォンから46%落ちた。KB証券のパク・シネ研究員は「中国消費者が韓国産化粧品に熱狂した過去5年間の『好況』は終わったと判断できる」と指摘した。

中国化粧品市場は米国の次に大きな市場だ。なかでも成長率は最高水準だ。市場調査機関「ユーロモニター」によると、2012年39兆8000億ウォン(現レートで約3兆9400億円)だった市場は昨年57兆8000億ウォンとなり、この5年で45%拡大した。今年は60兆ウォンを越えるものとみられる。

韓国企業にとって「機会の地」だった中国は、THAAD事態にぶつかり「危機の地」になってしまった。韓国化粧品の広告とマーケティングが制限された。その間、中国のローカルブランドは上方平準化された。コスマックス(COSMAX)・韓国コルマー(kolmar)など技術力を持った製造者開発生産(ODM)企業を通じて、品質が改善された製品を発売するようになった。百雀羚(PECHOIN)は2010年オンラインを通じて販売を始め、昨年は中国最大のECサイト「天猫(Tmall)」で化粧品売上1位を記録した。

スポンサードリンク
韓国コスメブランド「イニスフリー(innisfree)」と類似の自然主義化粧品を強調する「ワンリーフ(One-Leaf)」はすでに中国でイニスフリーの売上を上回った。中国の三・四線都市と農村地域で事業を始めた珀莱雅(PROYA)は都市で認知度を上げて年間売上40億人民元(約646億円)を記録した。 中国ローカルブランドは化粧品専門店舗の拡大ブームに乗って急速に広がっていった。韓国IBK投資証券によると、中国全土に化粧品専門店舗は約15万カ所あると推定される。
http://japanese.joins.com/

現代自動車とアモーレパシフィックの4-6月期の純利益が1年前に比べて半減したとしたのが昨年7月である。韓国で化粧品最大手のアモーレパシフィックグループは4-6月期の売上高が1兆4130億ウォン、営業利益は1304億ウォンだった。前年同期比それぞれ17.8%減、57.9%減となった。同じ期間、純利益も2467億ウォンから999億ウォンへと59.5%も減少した。

一方で資生堂が発表した2018年1~3月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.1倍の288億円。中国で高級化粧品の販売が好調だったほか、国内でも中国人を中心とした訪日外国人向けの販売が大きく伸びた。純利益は第1四半期としては過去最高となった。


関連記事

[ 2018年10月26日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp