韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代車、営業利益が4分の1に…韓国自動車の悲鳴

現代車、営業利益が4分の1に…韓国自動車の悲鳴

韓国自動車産業が酷寒期に入った。完成車メーカーの実績が悪化して1次・2次協力会社も倒産の危機にさらされている。特に、証券業界では25日に発表した7-9月期の現代自動車実績を「衝撃」と受け止めた。 当初、韓国内証券会社21社が予想した7-9月期の同社営業利益平均値は9251億ウォン(約914億円)だった。だが、実際に蓋を開けてみると予想値の3分の1水準である2889億ウォンだった。昨年7-9月期(1兆2040億ウォン)はおろか、同社が2010年IFRS(国際会計基準)を導入して以来の最悪の実績だった。

売上額(24兆4337億ウォン)は昨年同期より小幅(0.96%)増となった。自動車は昨年とほぼ同じ量を販売したが、売って残ったお金が3分の1しかならなかったのは、予想できなかった大規模リコール事態に陥ったためだ。 ハイ投資証券のコ・テボン・リサーチセンター長は「グローバル市場で現代車がエアバッグ・センサー・エンジン関連各種リコールを実施して、昨年7-9月期売上額比1.2%に過ぎなかった販売保証費用(2990億ウォン)が3.1%(7530億ウォン)に急騰した」と説明した。

また、米中葛藤と為替相場も予想外の変数だった。現代車のチェ・ビョンチョル財経本部長(副社長)は「米国・中国など主要自動車市場で貿易紛争の懸念が持続しながら経営環境が悪化した」とし「ブラジルやロシアなどの新興国通貨価値が昨年同期比10~20%ほど下落して収益性が悪化した」と説明した。

スポンサードリンク
過去には、実績が悪化すれば下請け企業に単価の引き下げを要求して実績を防御することができた。だが「部品会社が大規模な実績不振に陥り、これさえも難しくなった」というのがコ・テボン・センター長の分析だ。 問題は、実績不振がただ現代車に限定した状況ではないという点だ。韓国完成車メーカー5社のうち、実績が良いところはひとつもない。26日、7-9月期実績を発表する起亜車も現代車と同じような実績を記録する見通しだ。KB証券のカン・ソンジン研究員は「新興国の貨幣価値変化と自動車出庫台数減などの実績が否定的影響を及ぼしながら起亜車の7-9月期実績も懸念される状況」と伝えた。
http://japanese.joins.com/

中央日報は、経済成長の出発点は投資だ。企業が投資してこそ生産できる。すると雇用が生じて所得も増える。財布が厚くなり、お金を使う。消費が増えれば景気が良くなり、投資も拡大する。成長の好循環はこのように流れると伝えている。投資には種類があり、投資が雇用を生むとは限らない。設備の入れ替えや人材の教育も投資である。工場を作るだけが投資ではない。工場の維持管理と言う投資の経験が少ないために、雇用=投資と考えるのは問題だろう。

雇用は仕事量であるから、設備等の稼働率を上げれば、作業時間増加による雇用は不可欠となる。その維持管理でも同様。実施すべき部分をカットして、成長戦略に移行は出来ない。韓国企業が成長しない理由でもある。外資系企業とはいえ、教育は不可欠であるし、設備機械の稼働率を上げるには、受注がなければ無理であるから、現代自の様に工場建設が独り歩きし、気が付けば工場建設の過剰増加は、のちのツケが大きい。

関連記事

[ 2018年10月26日 12:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp