韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米中貿易戦争で…韓国経済に第2の中国発「津波」

米中貿易戦争で…韓国経済に第2の中国発「津波」

米中貿易戦争が関税レベルを越えて世界サプライチェーンの再編につながり、これに韓国が巻き込まれるリスクが高まっている。特に米中の対立が勢力対決の局面に向かい、陣営の選択を強要される可能性が高まった。韓国経済は対中輸出の増加率が2011年の15%から2012年には0.1%に激減し、2016年まで長期沈滞した。今は米中間の対立で「津波」と表現するほどの「第2の中国発衝撃」が懸念される状況だ。

米ホワイトハウスは6月、「中国の経済攻撃が米国および世界の技術と知識財産権をどう脅かすか」と題した報告書を出した。報告書はグローバル規範と普遍性から外れた中国政府の政策と慣行および攻撃的な態度が、米国だけでなく世界経済全体をどのように脅かすかを赤裸々に指摘している。特に中国の市場歪曲的で攻撃的な経済政策を中国特有の国家資本主義(state capitalism)体制の産物と批判した。中国が技術崛起戦略として推進する「中国製造2025」が代表的な中国国家資本主義体制の産物だ。

トランプ米大統領は、米国はもちろん世界経済はこうした中国の不当な形態をこれ以上容認できず、したがって市場経済国家が連合して中国を世界サプライチェーンから排除すべきだ、と主張している。米中貿易戦争が関税報復を越えて、世界サプライチェーンの主導権をめぐる「市場経済ブロック」対「国家資本主義」の経済体制対抗戦に変わっているということだ。

スポンサードリンク
トランプ大統領はカナダとメキシコに続いて日本と欧州にも市場経済ブロックの義務、すなわち中国のう回輸出を防ぐために中国とのすべての貿易交渉の情報共有を要求しようとしている。韓国に対しても同じ要求をするとみられる。韓国は米国が不公正貿易国と見なす中国の輸入1位相手国であり3位輸出相手国だ。中国の輸入の9.5%を供給する韓国を黙認しては、中国の製造業稼働に致命傷を与えようとする米国の対中国グローバルサプライチェーン遮断戦略は成果を出せない。 韓国産自動車に対する関税25%適用はまだ未定だが、適用される場合、関税の負担はほぼ10倍に増える。 さらに深刻な問題は半導体に対しても232条調査が適用される可能性がある点だ。
https://japanese.joins.com/

中央日報は、IMFは米中貿易戦争で世界経済成長率が2019年と2020年の間に最高0.8%ポイント、長期的にも0.33%ポイント低下すると予想しているとし、米中の成長率低下と世界サプライチェーンの委縮で世界の貿易量が減少するのは明白だと報じている。中国に半導体を輸出している韓国であるから、当然そのあおりは受けるだろうし、見方を変えれば、米国利用になる可能性も考慮する必要がある。逆に米国に対する敵対心が強ければ、台湾や日本で対応する可能性もある。その調整役はやはり日本政府だろう。半導体の行く先はすでに見えているわけで、後はタイミングと考えるが。日本がどこまで調整役として対応出来るのかは、まず日本自体も影響を受けるわけで、自国を考慮しつつと言うことになる。

関連記事

[ 2018年10月31日 18:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp